運行管理システムの基本機能と導入メリット|業務効率化や労働環境改善のサポート機能を紹介!

物流における輸配送効率化のために役立つCariotの機能とは

物流に関わる企業のご担当者様からよくお問い合わせをいただく輸配送効率化に関する課題やお困りごとにお答えしながら、Cariotの機能をご紹介している資料です。

無料でダウンロード
Pocket

こんにちは。Cariot(キャリオット)ブログ編集部です。

運行管理システムは、管理側と車両を連携して、リアルタイムで車両の状況を把握することにより、運行時の無駄を減らすシステムです。従来のデジタコとは異なり、搭載したデバイスからデータが送信されるので、オンタイムでの業務改善が行いやすいという特徴があります。

今回は、導入メリットの多い運行管理システムについてご紹介します。運行管理システムの基本機能から導入するメリットまで解説しているので、本記事を導入検討の判断材料にしてください。

 

1.運行管理システムとは


運行管理システムとは、管理側と現場車両を連携させて、運行状況の管理を行うシステムです。通信機能があるデバイスを、車両に搭載するだけで導入することが可能です。車両に搭載されたデバイスから、自動的に管理側に送信されたデータを集約・管理することで、配車台数やルートの最適化などのシミュレーションを行えるため、より安全で効率的に業務を遂行できるようになります。ネットワーク型のデジタコよりも導入が簡単であるため、多くの企業が乗り換えを検討しています。

【運行管理システムの活用例】

  • 運転指導
  • 稼働率の可視化
  • 運行状況の管理
  • 車両管理

運行管理システムを導入する大きなメリットとして業務の効率化が挙げられます。運送業は、拘束時間が長時間になりがちです。長距離トラックの運転手ともなると、運転時間も非常に長時間となります。過酷な労働環境であるため、ドライバーを希望する人も少なく、常にドライバーは不足しています。また、すでにドライバーとして働いている人への負荷が高くなる悪循環が生まれています。

しかし運行管理システムを導入して業務のムダを排除できれば、ドライバー1人あたりの業務負担を大幅に下げることができるのです。
 

2.運行管理システムの基本機能

運行管理システムには、以下の二つの業務におけるサポート機能が備わっています。

  • 運行業務に関する機能
  • 事務業務に関する機能

運行管理システムでは、多岐にわたる業務において、幅広いサービスが展開されています。ただし、サポートやサービスの内容は、製品によって異なるため注意が必要です。また製品によってデバイスが異なり、アプリやPCソフトなどインストール方法もさまざまなので自社で導入しやすい形態を選ぶとよいでしょう。

この章ではそれぞれの業務に対して、どのようなサービスが提供されているのか、深掘りしてみましょう。

2-1.運行業務に関わる機能

運行業務に関係する機能としては、以下のようなものが挙げられます。

【運行業務に係る機能】

  • 運行管理機能
  • 配車管理機能
  • ドライバーの位置情報の管理
  • 安全運転管理
  • 運行計画の作成

運行業務を行うには、目的地までの所要時間やルート、現在動いている車の台数など、複数の状況を同時に見る多角的な視点が必要です。そのため、知識と経験が必要不可欠であり、初心者には到底できない業務内容でした。
その問題を運行管理システムがどのように解決するのか、システムの機能とともに紹介します。

2-1-1.運行管理機能

運行管理機能は、日々の運行状況を管理できる機能です。車両の使用状況や遅延がないかなど、総括的に運行の管理ができます。

2-1-2.配車管理機能

配車管理機能は、各運行のルートや時間から必要な台数を計算して、最も業務効率のよい配車台数を算出する機能です。最小限の配車台数で配置を行えるようになるため、ドライバーの人数や人件費・燃料費などの諸経費の削減を可能にします。

2-1-3.車両の位置情報の管理

ドライバーの位置情報の管理は、その名の通り、ドライバーの現在位置を把握できる機能です。緊急の駆け付け対応など、リアルタイムに車両へ指示を出すこともできます。配車管理機能と併用することで、集配車のムダを無くすことが可能です。

2-1-4.安全運転管理

危険な運転を検知して、安全運転の指導を行える機能です。急加速・急発進など、ドライバー一人ひとりの運転のクセを把握することができます。危険な運転による事故防止をサポートします。

2-1-5.運行計画の作成

蓄積されたデータベースを元に、シミュレーションを作成して最適なルート設計を行う機能です。時間のかかる運行計画の作成を代行するため、業務時間の短縮、またコスト削減につながります。

2-2.事務作業に関わる機能

運行管理システムには、下記のような事務作業に関わる機能があります。

【事務業務に係る機能】

  • 日報の作成
  • 報告書の作成
  • 分析、レポート作成
  • 運転手台帳の作成

運行管理システムを利用することで、日報は自動で作成されるため、ドライバーの負担を大幅に減少させることができます。また、分析・レポートなど管理者が行う事務作業においても、簡単に入力・作成することが可能です。これらの機能が業務にどういった影響を与えるのかを紹介します。

2-2-1.日報の作成

「走行時間」や「滞在場所」、「点検事項」など使用した車両情報を記載する日報の作成を、自動で行います。そのため、業務後の事務作業を大幅に削減可能となります。

2-2-2.報告書の作成

業務報告書や月次報告書などの報告書関係の作成をサポートする機能です。専門的な知識が必要な報告書の作成が容易になります。

2-2-3.分析、レポートの作成

デバイスから送られてきたさまざまなデータを分析して、その結果をレポート形式でまとめる機能です。走行データの分析や、稼働率の分析などのレポートを元に、業務の見直しや改善を行うことができます。

2-2-4.運転者台帳の作成

運送業に必要な運転者台帳をシステム上で管理できる機能です。免許更新の時期など、ドライバーごとに管理が可能です。
 

3.運行管理システムを導入するメリット


業務の効率化をはじめ、運行管理システムを導入すると下記のような多くのメリットを受けることができます。

【運行管理システム導入のメリット】

  • 業務の効率化
  • 事故防止
  • 労働環境の整備
  • 売り上げアップやコストダウン
  • 正確な時間管理

過酷な労働環境や人員不足が叫ばれる運送業において、システム導入は課題解決の大きな役割を担ってくれます。運行管理システムは、過酷な業界として認識されている運送業の課題の多くを解決に導いてくれるでしょう。

この章では運行管理システムを導入することによって得られる、それぞれのメリットについて深掘りしていきます。

3-1.業務の効率化

運行管理システムを利用すれば、さまざまな業務を効率化することができます。例えば、現場のルートや所要時間、荷物の積載量を考慮して計画を立案する運行計画業務です。運行配送業務は知識や経験値が必要で、時間のかかる業務でしたが、運行管理システムを導入することでシステムに任せることができます。そのため、運行計画業務に要していた時間を、別の作業をする時間に充てることができます。

また従業員のシフト管理や日報の作成など、時間のかかる作業もシステムで行うことができるので、システム導入前と後では業務効率に大きな差があるでしょう。

3-2.事故防止

運行管理システムには、安全運転管理機能が装備されています。スピードの出しすぎや急ブレーキなど、危険運転を検知し通知されるので、ドライバーに対して安全運転の指導ができ、事故防止に役立ちます。

国土交通省の統計データによると、令和元年に運送事業用自動車が事故にあった件数は、5,076件です。前年と比較して373件の減少が見られましたが、依然として高い数字を記録しています。トラックなどの大型車輌を運行することが多い運送業において、早急に解決すべき課題として安全性の確保が挙げられています。

3-3.労働環境の整備

先述したとおり、運行管理システムを導入することによって、さまざまな業務の効率化を図ることができるようになります。その結果、業務内容が改善されて、従業員一人ひとりの負荷が軽減されます。さらには超過しがちだった労働時間の短縮など、労働環境の整備ができます。

3-4.売り上げアップやコストダウン

運行管理システムには、過去のデータが蓄積されていきます。そのデータを分析することで、より迅速な配車手配ができたり、ムダのないルートを走行することにより運送時間の短縮ができたりするため、売上アップにつながりやすくなります。

また最適化された運行計画を立案することができるので、必要人員も最小限に留めることができます。これまで紙で提出していた日報などもシステム上で完結することができるため、人件費や諸経費の削減も可能です。

3-5.正確な時間管理

運行管理システムでは、到着予測や遅延の検知機能があります。そのため、取引先からの到着時間などに対する問い合わせに対してもスムーズに対応できます。また、遅れが発生している場合は、事前にフォローを入れることもできるため、取引先からの信頼も得やすくなるでしょう。

4.Cariotの特長


Cariot(キャリオット)では前述した基本的な機能が全て備わっています。さらに下記の機能を活用し、より安全に、より効率的に業務を回すことができます。

・エリアマップ
GPSを用いて、車両の位置情報を3秒に一度のリアルタイムで取得することで、車両が「今・どこにいるか」を把握することができる機能です。
効率のよい動態管理をサポートする他、ドライバーと管理者間で行われる電話確認のやり取りの手間を大幅に削減します。

・Drive Cast
本機能で発行されるURLにアクセスすることで、荷主・輸配送事業者の双方で走行中の車両の位置・到着予定時間が把握できます。本機能をご利用いただくことで、荷主からの問い合わせに対し、ドライバーに確認の電話をしなくとも、車両の位置情報を確認できます。

・走行履歴
車両が走行するだけで詳細な走行履歴を記録できる機能です。いつ・どこを・どのような速度で走行し、どこに・どの程度の時間、滞在したかを振り返って確認することができます。
無駄な走行や長時間の滞在の有無を確認できるため、業務効率化に活用できます。

・日報作成
運転日報/月報が自動的に作成されます。これにより、日報の作成や集計作業にかかる手間を大幅に削減できます。また、総走行時間・総走行距離も自動で集計されます。

・危険運転検知
急加速・急減速・急ハンドルや速度超過や最高速度など、ドライバーの危険運転を検知する機能です。
危険運転が発生したタイミングで直ちに具体的な数値をもとにした安全運転指導ができ、事故の防止・削減に役立ちます。
 

5.まとめ


運行管理システムは、運送業における業務の効率化を図ることができるシステムです。導入することで、過酷な労働環境や人員不足など、運送業を取り巻くあらゆる課題を解決に導きます。しかし製品によって、サービス内容が異なります。またパッケージ型・特化型・カスタマイズ型などのタイプ別でもその特徴が変わってくるため、よく検討してから導入を決めましょう。

数ある商品の中でもCariotは、初期費用はゼロでお客様のニーズに合わせてデバイスや機能を選ぶことができます。そのため機能・費用ともに無駄のない導入が可能です。また導入後には、いち早く目標を達成するための専任の担当者によるサポートがあります。収集したデータから新たな課題を発見・改善策の提案を行い、さらなる業務効率化を推進します。

運送業に多くある労働環境や人員不足の課題は、Cariotを導入することで改善できます。まずは資料をダウンロードして、導入を検討してみてください。
 
 
※本記事の情報、及び画像は、記事作成時点のものです。詳しくは最新の情報をご確認ください。

あなたにおすすめのお役立ち資料

資料をもっと見る

関連する記事

お気軽にお問い合わせ
ください
平日 10:00-18:00
03-6869-2662
お問い合わせ
Cariotの魅力がすぐに
わかる
pagetop