運行管理システムの機能で業務を効率化できる!導入するメリットも紹介

アナログ車両管理の問題点とデジタル化のメリット

これまでのアナログ式管理とデジタル化/システム化した管理の差を紹介しています。 どれほど差があるのかが明確に分かります。

無料でダウンロード
Pocket

【目次】
・運行管理システムとは
・システム導入で作業効率が上がる
・運行管理システム導入でできること
・導入するメリット
・まとめ
 
配送業などを行っている方には、業務を効率化させたい、コスト削減をしたい、と思っている方も多いのではないでしょうか。
そうは言っても現在のシステムをすぐに改善するのは難しいものです。そんな問題を解決するためにおすすめなのが「運行管理システム」です。
運行管理システムの導入により、運行業務、事務業務両方の効率化が可能になっています。
今回は「運行管理システム」の機能、導入するメリットをご紹介します。
 

運行管理システムとは

運行管理システムは、随時行われるデータ通信によって運行を管理する本部と現場車両を連携させ、それぞれの車両を管理するシステムです。
配車の最適化、ルートの最適化、シミュレーションなどを目的として、運行状況管理や車両動態管理を行うことができます。
運行管理システムはGPS(位置情報)によって車両単位の管理が可能になっており、車両から情報を収集することで運転などの指導へ活用されています。
また、車両の稼働率を可視化することにも役立てられています。
最近では専用の車載器のほか、スマートフォンを活用する製品もあり、比較的便利で使いやすい運行管理システムが販売されるようになりました。
 

システム導入で作業効率が上がる

運行管理システムを導入することによって、業務の効率化、迅速化を行うことができます。
運行業務において運行計画の作成や配車管理などは、現場の所要時間やルートの把握などが必要になるため難しい作業でした。
しかし、これらの業務は運行管理システムが行ってくれるので、従業員はその時間を他の業務に当てることが可能になります。
また、従業員のシフト管理から給与計算などの事務業務から、報告書の作成などの専門的な事務作業も運行管理システムで行うことが可能です。

データの可視化

運行管理システムは車両のデータを可視化することができます。
これまでは車両がどこにいてどのように走行しているのか見えにくかったのですが、運行管理システムでは瞬時に車両の状況を得ることができます。
例えば、リアルタイム車両管理システムの「Cariot」は、ネット上の専用サーバーに車両のデータを蓄積することで、リアルタイムのデータ処理が可能です。
特に「Cariot」は社外運転状況を可視化する機能が充実しており、3秒ごとのデータ取得ができたり、さまざまな種類のデバイスに対応していたりします。
 

管理工数の削減につながる

運行管理システムは業務を円滑に進めるための機能、運行業務以外に発生するさまざまな事務作業を簡略化するような機能もあります。
下記のような機能がついています。

  • 運行日報や勤務管理などの書類を簡単な入力で行う機能
  • データの集計や分析などの業務を簡略化する機能
  • 整備や点検の履歴を一元的に管理する機能

これらはすべて業務を効率化することにつながります。
いままで人手が必要だった事務作業を運行管理システムが処理してくれるので、管理工数を大きく削減することができます。

 運行管理システムの機能

運行管理システム機能として、下記のような機能が挙げられます。

  • 配車の管理
  • ドライバーの位置情報の管理
  • 運行管理
  • 日報の作成
  • シミュレーション機能
  • 運行計画の作成
  • 報告書の作成
  • 安全運転管理
  • 分析、レポート作成
  • 運転手台帳の作成

例えば「Cariot」では運行管理の基本的な機能から、動態管理、ルート配送、資産管理などの高度な機能まで、幅広く搭載しています。
台数、ドライバーの習熟度、目的や用途に応じてトータルにサポートしてくれるシステムが特徴です。
注意点としては、運行管理システムの機能は製品によって異なるため、システム導入の際には自社に必要な機能が搭載されているかを確認して選びましょう。
 

運行管理システム導入でできること


 
運行管理システム導入によってできることは、「運行業務に関する機能」と「事務業務に関する機能」の2つが代表的です。
運行業務に関する機能では、収集した所要時間やルートなどのデータをもとにシミュレーションを行い、運行計画の作成や配車管理を行ってくれます。
また、事務業務に関する機能では、シフト管理や給与計算などの一般的な事務業務をシステムが行い管理してくれます。

運行業務に係わる機能

運行業務に関する機能では、運行管理、配車管理、ドライバーの位置情報の把握などができます。
例えば、運行管理システム「Cariot」では、車両デバイスとSIMカードによる回線、専用のアプリケーションを使用し、車両データの一元管理がクラウド上で可能です。
リアルタイムでの管理となっているので、車両の急加速や急減速、急ハンドルといった危険運転も検知します。
そして、そのデータをレポートとして分析しドライバーへの指導に役立てることも可能となっています。

事務作業に係わる機能

事務作業に関する機能では、シフト管理、運転日報の作成、運転手台帳の作成などができます。
例えば、運転日報のペーパーレス化を行うことができ、いままで紙で管理していて、時間がかかっていた集計作業なども簡単に作成できるようになり、作業効率が向上します。
ドライバーは走行すれば自動的に走行記録がデータで保存され、日時や走行距離、目的地をまとめた報告書の作成も自動で行われます。
「Cariot」の事務作業に関する機能はドライバーと管理部門両方が業務を効率化きるものとなっています。
 

導入するメリット

運行管理システムを導入するメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 運行計画業務の効率化
  • 事故削減につながる
  • 売り上げアップやコストダウンにつながる

ひとつのシステムを導入することで上記のような複数のメリットを実現できるので、運行管理システムは必要不可欠といえます。
次の項では、それぞれのメリットについてご説明します。
 

運行計画業務の効率化

運行管理システムを導入することで、運行計画業務を効率化することができます。
最適な運行計画業務の立案には配送の日時や最適ルート、積載量などの要素が多く含まれるため、運行業務を熟練している人の知識が必要になるため、効率化が簡単ではないことがあげられます。
これらの問題は運行管理システムの導入により、大幅に効率化することが可能です。
 

運行状況の把握で事故削減につながる

ドライバーへの最適な労働環境整備に加えて、ドライバーの安全運転を奨励していくことも大切です。
運行管理システムを導入するメリットとして、運行状況を把握することにより、常に安全管理ができることがあげられます。
スピード超過、急発進・急減速などを車両ごとに記録して可視化できるため、安全な運転スキルの判定、向上を行い、重大事故の削減につながります。
 

売り上げアップやコストダウンにつながる

運行管理システムを導入するメリットとして、蓄積した運行データを分析することで、売り上げアップやコストダウンにつなげられることもあげられます。
運行管理システムによりGPSからロケーション情報を活用し、車両ごとの位置を正確に把握できるので、迅速な配車が可能になります。
運行の効率が上がれば、直接の売上向上や経費などのコストダウンに影響してきます。
正確な集荷や配達が行えることで信頼と顧客満足度の向上にもつながるでしょう。
 

まとめ

今回は運行管理システムの機能やメリットについてご紹介しました。
運行管理システム導入によって、「運行業務」と「事務業務」両方を効率化することができ、結果的に売上げアップやコストダウンにつながります。
ひとつのシステムを導入することで得られるメリットが大きいので、これを機会に、運行管理システム」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これからもCariotは、より便利に使っていただくための機能の開発を進めてまいります。
ご意見・ご質問・ご感想・ご要望などがございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

※本記事の情報、及び画像は、記事作成時点のものです。

Pocket

あなたにおすすめのお役立ち資料

資料をもっと見る

関連する記事

お気軽にお問い合わせ
ください
平日 10:00-18:00
03-6869-2662
お問い合わせ
Cariotの魅力がすぐに
わかる
pagetop