機能

エリアマップ

クルマがいまどこを走っているのか、地図上でリアルタイムで見ることができます。複数車両の運行状況がひとめで確認できるようになるため、ドライバーと運行管理者の間の状況確認・報告業務が低減され、業務効率化に繋がります。指定した地点を出発・到着した際にメールでお知らせすることも可能です。

DriveCast(車両現在地の配信)

指定した車両の現在地を見るためのURLを発行できます。このURLはCariotをお持ちでない方にもご覧いただけます。お届け先のお客様にクルマの現在地をお知らせしましょう!お客様のイライラやクレームが低減され、配送効率の向上にも繋がります。

走行履歴・車両利用報告書

特別な操作をしなくても、運転するだけで記録が残ります。地図上で走行ルートを振り返ることができるだけでなく、車両利用報告書として車両名、ドライバー、日時、走行距離、目的地などをまとめたレポートも自動生成されます。もちろんレポートはExcel出力が可能です。運転者が報告書を作成する時間、総務部が集計する時間が大幅に短縮されます。

ヒートマップ

クルマが滞留していた場所を一目で確認することができます。迂回ルートの検討や、誘導員の配置によって滞留を解消すれば、業務効率が向上します。

稼働率レポート

クルマの稼働状況をひとめで確認することが出来ます。チャートを元に車両配備を適正化すれば、車両稼働率の標準化・リース台数の低減が実現され、業務効率化およびコスト削減に繋がります。

危険運転検知

急加速・急減速・速度超過などの危険運転を記録・集計します。危険運転の多いドライバーに運転指導を行えば、事故の発生を防ぎ、修理費や保険料を低減することが出来ます。

レポート&ダッシュボード

Cariotには分析レポート(図表)が数多く用意されています。そしてお客様自身がレポートを追加することも可能です。柔軟なカスタマイズ性によって、様々な事情を抱える幅広い業務にフィットします。

予約管理(運行予定/実績)

社内でクルマをシェアするための仕組みを提供します。会議室を予約するように車両を予約しましょう。予定と実績が可視化されて、車両が正しく使われてるかを把握できます。ムダが見つかり、これまでより少ない車両で業務が回るようになれば、リース台数削減によるコスト削減が期待できます。

権限設定

支社・部署・営業所・役職などによってデータの閲覧を制御することができます。他部署には走行記録を見せない、直属の上長だけに情報を見せるなど、お客様の組織体制・個別事情に合わせた運用が可能です。

気になったら、まずはお試し

無料トライアル

この手軽さを、ぜひお試しください!