車両管理システムCariotキャリオットの機能一覧

Cariotは車両に関するあらゆる情報を
システムで管理します。
専用の車載デバイスが
取得したデータをもとに、
車両の運行状況、予約状況、稼働状況などを
リアルタイムで可視化。
車両に関するさまざまな情報を
可視化することで、
車両の情報管理や動態管理がしやすくなり、
車両管理担当者の工数を削減します。

到着時間を相手に知らせたい

Cariotと連携したい

車両管理台帳

車両管理台帳をシステム化した機能です。カスタマイズ性に優れ、自社に合った柔軟な車両管理が行えます。車両名、車検・整備履歴、保険情報、リース情報といった車両情報管理をシステム化することで、情報の精度向上と業務の効率化を実現します。

機能を詳しく見る

ドライバー情報管理

個人情報、免許情報、違反履歴などのドライバー情報を簡単に管理する機能です。複数拠点にいるドライバーの情報を一元管理でき、効率的な労務管理が可能。免許更新期限をお知らせするアラート通知など、管理漏れを防ぐ便利な機能も備わっています。

機能を詳しく見る

運転車両日報/走行履歴
(レポート、エクセル出力)

システムに保存されている運行時間や運行ルートの情報をもとに、運転車両日報/履歴を自動的に作成する機能です。運転日報作成や集計作業にかかる手間を大幅に軽減できます。また、運転車両日報はパソコンの画面上で確認できるだけでなく、エクセルのファイル形式で出力することも可能です。

機能を詳しく見る

危険運転検知

急加速・急減速、走行速度などの情報をもとに、危険な運転を自動検知して表示する機能です。ドライブレコーダーの場合は動画が記録され、運転状況が視覚的にわかります。また、危険運転として検知された情報は、安全運転の指導材料にも使えます。

機能を詳しく見る

ドライブレコーダーのリアルタイム映像 (危険運転動画記録)

ドライブレコーダーが録画した運転中の映像を、パソコンの画面で確認できる機能です。危険運転動画の自動記録のほか、ドライバーがボタンを押すと、ドライブレコーダーの映像がパソコンの画面で確認できるようになります。事故発生時に状況把握がしやいすだけでなく、ドライバーの安全運転への意識向上にも役立ちます。

機能を詳しく見る

ルート配送の最適化
(営業ルートの効率化など)

配送ルートや訪問履歴をGoogle マップに記録することで、営業や配送におけるルートの最適化を実現する機能です。効率の悪いルートや1日に何度も訪問している場所の特定など、アナログ管理ではわかりにくかった問題を可視化します。

機能を詳しく見る

運行状況のリアルタイム可視化

3秒ごとに更新されるGPSの位置情報をもとに、車の現在位置を表示します。運行状況がリアルタイムで可視化されるので、「車はいま、どこにいるか」がわかり、効率よく車両の運行管理が行えます。

機能を詳しく見る

到着予測

設定した運行ルートをもとに、車の到着時刻を自動的に予測する機能です。関係者で到着予測時刻を共有できるので、車の到着を待っている顧客への対応がスムーズに行えます。到着予測時刻は車の走行データと連動して更新されます。

機能を詳しく見る

駐車イベントマップ

車両が待機・滞留している場所をマップに表示する機能です。駐車している車両及び台数、駐車時間や場所の履歴が分かるので従業員の労働状況の把握ができます。

機能を詳しく見る

予約管理・運用予実

システム上で車両の予約管理を行うと同時に、運行予約の実績を管理する機能です。予約状況と利用実績を可視化することで、車両のリアルな稼働率が把握できるようになります。不要な車両の削減にも役立ちます。

機能を詳しく見る

DriveCast-位置情報の共有-

地図上に表示した車両の位置情報を、さまざまな人と共有する機能です。Google マップを使用しているので、見やすいことはもちろん、スマホやタブレットの画面でも確認できます。送迎サービスなどの利用者は車の到着予測ができ、安心感をもってもらえます。

機能を詳しく見る

車両管理レポート作成
(エクセル、CSV)

車両管理レポートを自動作成する機能です。車両ごとの走行時間、拠点ごとの台数と稼働率などデータの抽出条件を指定するだけで、目的に合わせたレポートが作成できます。アナログ作業で発生しやすい集計ミスを防ぎ、集計業務の負担を大幅に軽減します。

機能を詳しく見る

ダッシュボード

さまざまなデータを可視化し、見たい情報を集約して表示する機能です。情報をグラフ化した一覧画面があることで状況が把握しやすくなります。また、担当者別に表示項目をカスタマイズすることも可能。欲しい情報に素早くアクセスできる便利な機能です。

機能を詳しく見る

アクセス権限設定

ユーザーごとに表示するデータの種類を制限する機能です。他部署や社外の人に必要なデータだけ共有でき、セキュリティを保ちながらオープンなシステム運用が行えます。

機能を詳しく見る

データダウンロード

車載デバイスから送られてくるローデータをCSV形式でダウンロードできる機能です。自分の見たい角度でデータ分析ができ、車両管理におけるさまざまな改善点を洗い出すことができます。

機能を詳しく見る

車両管理アプリ開発
(API &OEM提供)

Cariotのさまざまな車両管理機能を、自社システムへの組み込みや自主開発に利用できるAPI機能があります。API機能とETL機能によって、自由度の高いカスタマイズが可能です。OEMの提供も行っています。

機能を詳しく見る

GPSによる動態管理
(スマホやドライブレコーダー活用)

GPSを利用して車の位置情報を把握し、リアルタイムで動態管理を行う機能です。ドライブレコーダーの設置によって車両の運行状況が把握でき、安全管理がしやすくなります。また、ドライバーの意識が向上することで、事故防止にも役立ちます。

機能を詳しく見る
車両管理のノウハウ資料
Page top