Cariotのコネクテッドなブログ

“収益を守るための損害防止” 物流における「ロスプリベンション」

■ロスプリベンションとは
欧米の小売業、流通業、海上貨物保険業界において、一般的な用語でもあるロスプリベンション。ロス=損害、プリベンション=未然に防ぐ、つまりロスにつながることを事前に見つけて、それに対して手を打ち、被害を最小限に抑える手法のことを指す。

小売業の損失で最も大きなものは商品の流出であるが、店頭での消費者による万引き、盗難よりも従業員による持ち出しの方が大きいと言われている。ある商品を売った場合の利益が3.5%、商品の原価率が70%だとすると、商品1個盗難にあうと20個を販売しないと元が取れない状況になるわけで、その対策に躍起になることは理解できる。

 

スクリーンショット 2016-09-14 10.57.28

 

■物流センターでの盗難対策
物流センターでの盗難も大きな問題となっている。盗難防止は物流業界の大きな課題の一つで、低賃金や厳しい労働条件がその原因と考えられている。米国のアマゾンコムでは、物流センター内において盗難が発生した際に、倉庫内のスクリーンにアナウンスするといった措置を取っている。スクリーンがない倉庫施設においては、盗難の発生情報が掲示板に掲示される。要は「市中引き回しの上、張り付け獄門」的なものであろう。

souko

日本の小売量販系の物流センターであれば、従業員はカバンなどの個人の持ち物は持ち込むことができず、また退勤時には全員の持ち物検査を行うところが多い。従業員や派遣社員を盗難で摘発してしまうと、不正を行った本人は不幸なことになってしまうわけで、従業員の損失を未然に防ぐためである。これがロスプリベンションであり、アマゾンコムの施策は抑止力にはなるがロスプリベンションから外れると考える。

 

■大手物流業界には電子化されていない膨大なデータがある
商品が商品ではなくなる瞬間は、貨物事故による破汚損である。物流センターにおける保管・荷役時や、トラック輸送時に発生する。事故を発生させた現場は貨物事故報告書を安全品質部に提出しなければならず、そこには被害状況と発生要因と対策を記入することになっている。そのデータをビッグデータに入力することにより、事故と発生要因の関係性が明らかになり、ロスプリベンションにつながると考えている。センサー技術などを用いて事故状況のデータが自動的に収集され、それがビッグデータとなりBIにて分析されると、一歩進んだロスプリベンションになると考えている。

 

kamaya 釜屋 大和 (Kamaya Yamato) 氏 プロフィール
ロジ・ソリューション株式会社 主席コンサルタント。1993年センコーに入社後、コンサルティング部門に所属し、3PL組織の立ち上げに従事。その後日本IBMのクロスインダストリー営業部にてロジスティクスITソリューションを販売。楽天株式会社の楽天物流事業を経て、現在はロジ・ソリューションにて物流コンサルティングを実施。共著として「図解でわかる 物流の基本としくみ」(2015年、オムニ出版)など多数。3PL協会のEC物流委員会・幹事を務める。

気になったら、まずはお試し

無料トライアル

この手軽さを、ぜひお試しください!