車両管理システムCariotキャリオットとは

リアルタイム車両管理
Cariot(キャリオット)紹介動画

Cariotに必要なもの

貴社のクルマ
OBD2デバイス
回線(SIMカード)
Cariotアプリケーション

Cariotがうごくまで

クルマのデータをデジタル化

クルマのデータをデジタル化

クルマのデータをデジタル化

OBD2はOn Board Diagnosis second generationといって、クルマの診断に使われる標準的なポートで、2008年10月以降に生産されている乗用車、および小型トラックには搭載が義務付けれています。

OBD2デバイスはクルマの中のコンピュータと通信をして、車両の速度、走行距離、エンジン回転数、燃費、主電源電圧などの情報をデジタルデータとして取り出すことができます。

また、OBD2デバイスそのものにGPSセンサーを付けることで、位置情報もリアルタイムに分かります。

メーターで見ていた速度や燃費 がデジタル情報になります
インターネットにデータが届く

インターネットにデータが届く

インターネットにデータが届く

さて、そんなOBD2デバイスですが、格安スマホなどと同じで、データ通信をするためのSIMカードを指して、スマートフォンのようにインターネット接続することができます。

つまり、OBD2デバイスにSIMカードを挿すと、クルマの中のコンピュータから取得した速度、燃費などの情報、OBD2デバイス自身がセンシングしている位置情報を、インターネットに送り出すことができます。

Cariotでは、専用の回線プランを組んだSIMカードを指したOBD2デバイス、インターネットにクルマのデータを送り出せる状態で、お客様のもとにお届けします。

クルマのデータがインターネットに送り出せます
コネクテッド・カーのできあがり

コネクテッド・カーのできあがり

コネクテッド・カーのできあがり

Cariotではインターネットに送り出されたクルマのデータは専用の回線でCariotの専用のサーバに蓄積されます。蓄積されるデータはリアルタイムに処理して、コネクテッド・カー アプリケーションとしてみなさまが利用できるようになっています。

こうしてできたCariotサービスによって、営業車両、トラック、工事車両など世の中のたくさんのはたらくクルマがコネクテッド・カーになり、クルマをとりまく多くの人々のお役に立てるようになっています。

車両管理のノウハウ資料
  • 事故削減、輸送遅延削減など
    車両管理に関するノウハウ資料

    1. Cariot製品パンフレット、料金資料、10社の導入事例集

    2. 災害、道路渋滞発生!輸送遅延に素早く対応するCariot活用術

    3. 社用車の事故削減方法「危険運転70%減を実現」

    4. 取引停止! イメージ失墜! 損害賠償!社用車による事故を防ぐには?
    など、車両管理に役立つPDF資料がダウンロードできます。

    どんな資料なのか
    確認してダウンロードする
  • まずは2週間
    無料で試してみる

    無料トライアル

    2週間無料お試し
Page top