建設・資材運搬
トラック車両の
運行管理

建設・資材運搬車両の
到着時刻を共有

建設・工事現場付近は大型車両の出入りが多いことに加え、
時間調整のための路上駐車やそれが原因の渋滞が発生しやすく、近隣住民からクレームを受けることが多いものです。
Cariotを導入して建設・資材運搬車両の到着時刻を関係者で共有すると、
スムーズな車両誘導が可能になり、近隣対策やコンプライアンス推進に役立ちます。

安全で効率的な
車両誘導

車両が到着するタイミングは、リアルタイム(3秒ごとに情報更新)で確認でき、到着地点が近づくと「もうすぐ到着します」というアラートも通知されます。
車両の到着時刻がわかると、工事現場の狭い出入り口で車両同士が鉢合わせする状況を回避できるようになり、安全で効率的な車両誘導が可能です。現場付近の渋滞緩和にもつながります。

待ち時間の短縮

資材運搬車両の到着時刻がわからないと、荷受け側が待たされるだけでなく、荷捌きスペースの確保ができず、車両側が待たされることもあります。車両の到着時刻を予測することで、お互いに無駄な待ち時間を短縮できるようになります。

積み荷、荷降ろし
時間短縮と運搬量
の増加

到着時刻が通知される機能を利用すると、積み荷・荷降ろし作業の準備ができるので、作業時間(≒車両の停止時間)が短縮できます。また、作業時間を短縮することで、結果的に運行時間・運行距離のアップ、すなわち車両1台あたりの運搬量が増加します。

運行ルートの把握、
走行記録の自動化

運行ルートが画面上で確認できるので、車両が予定したルート通りに走行しているかどうか、リアルタイムで状況が把握できます。また、走行記録はデジタルデータとして自動的に保存され、正確な内容で報告書が作成できます。

建設機械(車両)の
適正配置

建設機械の稼働情報(建機・ダンプカーは位置と速度)を可視化することで、実際の稼働状況がわかるようになります。それによって稼働率が低い機械を特定し、建設機械の適正配置に活用できます。

危険運転の防止

急加速・急減速、速度超過、急ハンドル(ドライブレコーダー型のみ)の回数などの情報を車両ごと、ドライバーごとに画面で確認できます。危険運転の多いドライバーに対して、具体的な数値をもとに安全運転を指導することで、危険運転を防止。事故の発生を防ぎます。

その他の導入メリット

導入メリット一覧へ戻る
車両管理のノウハウ資料
Page top