営業車その他社用車の運行管理

車両に関する情報を一元管理

営業車その他社用車の運行管理をしていると、
支店・営業所が多い・部署が多い・車両台数が多い・ドライバーが多いなどの理由で、
全体的な車両管理が難しい場合があるでしょう。
Cariotを導入すると、車両に関する情報を一元管理できるようになり、リスク管理の精度向上や営業効率の改善が見込めます。

車両台数の適正化

Cariotでは、どの車両がいつどれだけ走ったのか、月に何回使用されているかなど車両の稼働状況を可視化する機能があります。リアルな稼働状況を把握することで、車両の再配置やリース契約の解約など、車両台数の適正化が実現できます。燃料費の削減や駐車場の解約といった車両管理費の削減も可能です。

運転日報を自動作成

車を運転するだけで、何時に出発して何時にどこへ到着したのかなど、詳細な走行記録がシステムに保存されます。Cariotでは走行記録をもとに運転日報が自動的に作成されるので、ドライバーが自分で運転日報を作成する必要がありません。
運転日報の作成に1日当たり15分かかっていた場合、1カ月当たり5時間、1年に換算すると60時間の工数が削減できます。

位置情報把握で
営業効率がアップ

顧客の所在地をGoogle マップ上にマッピングすることで、営業ルートが可視化され、担当先の振り分けがしやすくなります。逆に車両の現在位置を見て、顧客や現場に近い担当者に指示を出すことも可能です。急を要する場合などには大きな効果を発揮します。また、マッピングされた顧客への出入りを自動的にカウントする機能を利用すれば、1日に複数回訪問している顧客への対応を工夫して訪問回数を減らすことも可能です。
Cariotは車両の運行管理だけでなく、営業効率をアップさせるためのツールとしても活用できます。

長時間利用や業務外
利用によるトラブル
防止

近年、コンプライアンスの順守がより求められるようになり、車両が適切に利用されているかどうか管理する必要性が高まっています。
Cariotの車両予約機能を利用すれば、効率的な予約管理ができるだけでなく、長時間利用や無断利用などの発見も可能です。さらに、ジオフェンス機能を設定すると、車両が指定範囲外へ出た際にアラートを出してくれるので、休日に個人利用されている車両があればすぐにわかります。

Cariotを導入することで、車両全体の稼働状況がリアルタイムでわかるようになり、長時間利用や業務外利用によるトラブルを防止できます。

到着/遅延時間の把握

車両の現在位置や到着予定時刻、遅延時間などの情報が社内で共有できます。顧客から到着時刻の問い合わせがあった際、営業担当者へ確認しなくても到着予定時刻がわかるので、管理工数削減や業務効率化に役立ちます。

安全運転の指導

ドライバー別に運転状況がグラフ化されます。急加速・急減速などが多いドライバーには、データをもとにした具体的な安全指導を行い、危険運の防止に活用できます。車両ごと、ドライバーごとの最高速度もグラフ化できるので、どの車が、誰がスピード出しすぎなのかも一目で分かります。

その他の導入メリット

導入メリット一覧へ戻る
車両管理のノウハウ資料
Page top