管理工数の削減

車両管理全体の管理工数の削減

車両管理では車両管理台帳の管理をはじめ、車両の維持管理や運行管理などを行います。
ソフトを使ってアナログ作業で管理している場合、作業が煩雑になりやすく、集計作業にも手間がかかってしまいます。
Cariotを導入すると、車両管理に関する多くの作業が自動化され、車両管理全体の管理工数が減らせます。

車両管理台帳の
管理を自動化

Cariotでは車両情報、車検証情報や車両の保管場所、リース先情報など、車両管理台帳で管理する全ての情報がシステム上で管理できるようになります。それまで複数拠点で管理していた車両情報も一括管理できます。
NOx・PM法で一部地域に定められている計画書も、計画書のフォーマットに沿って自動作成することが可能です。

また、アナログ作業で車両管理をしていると、入力ミスやデータの不整合が起きやすいものですが、Cariotでは入力ミスや入力漏れを防ぐ機能があり、データの正確性を保てます。

さらに、それまで手作業で行っていた面倒な管理作業が自動化され、作業効率がアップします。車検の更新期限が近づいた車両があればメールで自動的にお知らせしてくれるので、「車検の更新を忘れてしまった」という対応漏れを防ぐことができます。

問い合わせ対応の
工数を削減

車載デバイスを通じて取得される情報をもとに、車両の運行状況が可視化されます。前の訪問先に長時間滞在しているのか、渋滞でなかなか進めずにいるのか、事故に巻き込まれているのかなど、リアルタイムで車両状況が把握できます。
そのほか、運行状況をもとにした到着予定時刻もリアルタイムで更新されるので、顧客や社内関係者から到着時刻の問い合わせがあった際も、スムーズに対応できるようになります。

また、DriveCast(ドライブキャスト)機能を利用すれば、到着先の関係者と車両の現在位置や到着予定時刻を共有でき、問い合わせそのものを減らすことができます。

運転日報を自動作成

車両の運行情報は3秒ごと(ドライブレコーダーは1分ごと)に更新され、出発地点、出発時刻、運行ルート、停車時間など、正確な走行記録がシステム上に保存されます。
それにより、ドライバーが運転日報を作成する必要がなくなるだけでなく、運転日報の提出が遅れた人に対する催促も不要になり、全体的な管理工数も削減できます。

また、ドライバーが自分で作成する従来の運転日報では、細かい内容の真偽は判別できないという問題がありましたが、Cariotを導入すれば実際の運行状況とのズレがなくなります。

その他の導入メリット

導入メリット一覧へ戻る
車両管理のノウハウ資料
  • 事故削減、輸送遅延削減など
    車両管理に関するノウハウ資料

    1. Cariot製品パンフレット、料金資料、10社の導入事例集

    2. 災害、道路渋滞発生!輸送遅延に素早く対応するCariot活用術

    3. 社用車の事故削減方法「危険運転70%減を実現」

    4. 取引停止! イメージ失墜! 損害賠償!社用車による事故を防ぐには?
    など、車両管理に役立つPDF資料がダウンロードできます。

    どんな資料なのか
    確認してダウンロードする
  • ご質問/資料請求は
    こちらからお願いします

    03-6869-2662

    03-6869-2662

    営業時間 10:00〜18:00
    (土日祝日を除く)

    資料請求・お問合わせ
Page top