2020年5月の機能アップデート〜ルート設計の最適化機能がさらに強化!〜

製品パンフレット

Cariotの機能、料金パッケージが掲載されたパンフレットです。 機能紹介は、機能一覧の他に、輸配送、およびフィールドセールス・フィールドサービスの、それぞれの用途で車両をお使いの場合に生じうる課題の解決に役立つものをピックアップし、より詳しくご紹介しています。

無料でダウンロード
Pocket

こんにちは。Cariot(キャリオット)ブログ編集部です。

Cariotでは、お客様からのご意見・ご要望を参考に、より便利で使いやすいシステムをご提供できるよう、日々、新機能の追加や機能の改善・アップデートを実施しています。
今回は、2020年4月・5月にリリースした機能アップデートと、6月末にリリース予定の配送機能計画のアップデート情報についてご紹介します。

【目次】
1.「ルート最適化機能」がさらに使いやすく!最適ルートを地図上に表示
2.「運行予定/実績」機能の表示が見やすくなりました
3.近日リリース予定!「配送計画機能」をアップデートします

 

1. 「ルート最適化機能」がさらに使いやすく!最適ルートを地図上に表示

2020年3月にリリースした「ルート最適化機能」とは、Cariotの動態管理システムが自動で取得した走行データとAIが分析・提示する最適化ルートを比較することで、より効率的なルート設計をサポートする機能です。

これまで管理画面上には「走行実績/最適化ルート」の時間軸での比較のみを表示していましたが、今回のアップデートから最適化ルートを地図上でも確認できるようになります。これにより、走行実績と最適化ルートを視覚的に把握・比較がしやすくなります。
下記の図のように、地図上で実際の走行ルートは青線、AIが分析した最適ルートは赤線で表示します。

走行実績と最適なルートの違いを分析することで、ドライバーのルート設計スキルや経験の差による生産性のばらつきが生じる問題の解消や、複雑で検討に時間のかかる走行ルートの改善をスムーズに行えるようになります。

 

2.「運行予定/実績」機能の表示が見やすくなりました

Cariotの「車両の予約管理/運行予実管理」とは、車両の利用予約と実績を画面上で簡単に作成・管理できる機能です。
「どの車両がいつ利用できるか」や「どの車両がどのくらい利用されているのか」が可視化されるため、車両の稼働状況の確認、車両の空予約・無断利用を把握することで、利用効率アップや台数削減によるコスト削減に活用いただけます。
今回のアップデートでは、管理画面で固定表示していた「8:00-19:00」の表示範囲を、下記の図のようにカスタマイズできるよう改善しました。

アップデートにより幅広い時間帯が表示できるようになったため、スーパーやコンビニエンスストア向けの配送など、早朝や夜間の運行・配送を行う場面での車両利用管理を効率的に行うことができるようになります。

また、CariotスマホアプリやFelica機能を搭載したCariotデバイスでご利用いただけるチェックイン/チェックアウト機能をご活用いただくことで、ドライバーがどの車両を利用したかが分かるようになり、労務管理にもお役立ていただけます。

 

3.近日リリース予定!「配送計画機能」をアップデートします

2020年4月にリリースされた「配送計画機能」を利用して配送計画を作成・登録するためには、Excelテンプレートに必要な情報を入力の上、Cariotにインポートしていただく必要があります。

6月末に予定している機能アップデート後は、配送計画情報がCariotに直接登録・編集・削除ができるようになります。
さらに、一度ご登録いただいた配送計画のコピーを作成できる機能も追加されます。この機能により、1日に大量の配送計画が必要な場合の設定作業の負荷を大幅に減らすことができます。
なお、従来通りExcelファイルのインポートでも配送計画を作成することもでき、ご都合に合わせて使いやすい方をお選びいただけます。

【配送計画機能でできること】

  • 到着時間、出発時間の配送計画をルート毎に設定
  • 目的地への配送順序、到着と出発時間の登録
  • 到着時間、出発時間の実績と計画の比較
  • 配送計画に沿って「どこまで配送したか」の状況確認ができる
  • 一定時間の遅延が発生した場合に、管理者に遅延アラートメールを配信

【新たに追加される機能】

  • Cariotの画面上で配送計画を登録・編集・削除ができる
  • 既存の配送計画をコピーして別の配送計画を作成できる

【配送計画の登録方法】
配送計画の登録は、Cariot画面上で簡単に行うことができます。
(イメージ画面は開発中のものにつき、実際の仕様とは異なる場合があります)

(1)配送先を管理画面上にドラッグ&ドロップで登録

(2)車両ごとに、日報で登録した配送先への配送順序を設定

※設定した配送計画は、車両が走行する前であればいつでも編集可能ですが、走行が始まってしまうと編集ができなくなりますので、ご注意ください。

Cariotの画面上で配送計画が作成できるようになることで、1日に大量の配送計画を作成・登録しなければならない場面や、渋滞など緊急時に配送計画の見直し・変更をする場面が生じた際も手間をかけず、業務対応をスムーズに行えるようになります。
また、日々、同じようなルートで配送している場合は、過去に作成した配送計画をコピーして編集できるためゼロから作業をする必要はなく、作業工数の削減が可能です。

さらに利便性が向上する「配送計画機能」を、ぜひご活用ください。
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これからもCariotは、より便利に使っていただくための機能の開発を進めてまいります。
ご意見・ご質問・ご感想・ご要望などがございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

※本記事の情報、及び画像は、記事作成時点のものです。詳しくは最新の情報をご確認ください。

Pocket

あなたにおすすめのお役立ち資料

資料をもっと見る

関連する記事

お気軽にお問い合わせ
ください
平日 10:00-18:00
03-6869-2662
お問い合わせ
Cariotの魅力がすぐに
わかる
pagetop