『位置情報トラッキングでつくるIoTビジネス』(片岡義明著/インプレスR&D刊)にCariotが掲載されました!

2019.05.14お知らせ
Pocket

こんにちは、Cariot(キャリオット)編集部です。

このたびインプレスR&Dより出版された、人とモノとデータをつなぐ新世代のビジネスをレポートした書籍、『位置情報トラッキングでつくるIoTビジネス』(著者:片岡義明)にて、リアルタイム車両管理Cariotが掲載されました。

さまざまなモノがインターネットにつながり、その状態をリアルタイムに把握できる“IoT(Internet of Things)”。
なかでも、人やモノの“位置情報の追跡(トラッキング)”については、所有物の管理から子ども・高齢者の見守り、山岳遭難の防止など幅広いジャンルで役に立つサービスが続々と登場しています。

これまでにも地図や位置情報を中心に取材してきた著者・片岡義明氏が、今回の刊行に際しさまざまな産業分野で実際に活用されているIoTサービスについて提供企業や開発者を取材、コンセプトから技術詳細、現在の利用状況や今後の可能性までをレポート。
Cariotは「動態管理サービス/ソリューション」の一つとしてサービスの特長を紹介いただきました。

また“位置情報トラッキング”における背景として、2018年11月に本格運用開始した日本版GPS、準天頂衛星「みちびき」によって高精度化した測位技術や、測位した位置情報をインターネット経由で送信するLPWAなど最新の技術やデバイスのトレンドも詳しく解説されています。

位置情報を活用したIoTサービスに興味がある方、Cariotをはじめとする動態管理サービスの導入を検討している方のご一読をおすすめいたします!

書籍に関しての詳細はこちらをご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ご質問・ご感想は下記の問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

○最新機能も使える無料トライアル実施中!

Cariotでは最新機能を全て利用可能な2週間無料トライアルを実施しています。特に、最近では、あおり運転のニュースを受けてドライブレコーダーの人気・需要が高まっています。

安全総点検をお考えのお客様、営業車両や配送車両の運行管理に課題をお持ちの方は、ぜひ一度、無料トライアルで最新のCariotを体験してみてください。

Pocket