6月の機能アップデート〜訪問自動記録/ルート最適化機能が更に便利になりました〜

活用シーン別Cariot事例集

数ある導入事例の中から、活用シーン(輸配送、フィールドセールス、フィールドサービス)ごとに数社様をピックアップし、導入前の課題と導入後の成果を掲載しています。導入をご検討される際の参考にぜひご覧ください。

無料でダウンロード
Pocket

こんにちは。Cariot(キャリオット)ブログ編集部です。

モビリティ業務最適化クラウドCariotでは、お客様のご意見をもとに、より便利にお使いいただくための新機能の開発と改善・リリースを実施しています。

今回は、2021年6月の機能アップデート情報についてお伝えします。

 

1. 「訪問自動記録」機能にコメント登録機能を追加

あらかじめ登録した取引先への訪問実績が自動で登録されるCariotモバイルアプリの「訪問自動記録」機能に、新たにコメント登録が追加されました。訪問先での作業内容などをドライバーがテキスト情報で記録できるようになりました。

<新機能の概要>

  • 訪問先での打ち合わせ内容/配送先での作業内容が記録できる
  • コメントはアプリ上から、業務中・業務後を問わず登録できる
  • 登録したコメントは、Cariotの管理画面の各訪問記録にも表示される
  • コメント情報はレポートにも出力可能



その日の訪問先での詳細な活動記録を残すことができる本機能をご利用いただくことで、誰と・どのような話をしたか、どのような業務を行い・どの程度の時間がかかったか、などの詳細情報を残すことができます。

本機能は以下のようなシーンでご活用いただけます。

ケース1:配送スタッフが営業活動も行う場合

  • 訪問時にどのような提案をしたのかを記録することで、重点活動を漏れなく行ったか把握できる
  • 配送・納品業務に時間を取られてしまい、営業活動に時間を割けていない、など業務配分の課題が発見できる
ケース2:配送専任スタッフの場合

  • 荷下ろしや棚入れなど、配送以外の業務にどれぐらいの時間が割かれているのか実態を把握することで、業務の適正化に取り組むことができる
  • 顧客からの要望などを記録することで、次回の配送担当者への申し送りができる

現場の状況をテキスト情報で記録することで、これまで把握が難しかった現場での業務実態が、より具体的な形で「見える化」できるようになります。
ぜひ、ご活用ください。


 

2.「ルート最適化」機能が「訪問記録」ベースでの計算に対応

過去の走行データをもとに、より効率的なルートを提案する「ルート最適化」機能をアップデートし、「訪問自動記録」機能と組み合わせることで、より正確な最適ルートが計算できるようになりました。
また、本機能のアップデートにより、その日の訪問先と滞在時間を走行履歴画面で確認できるようになり、利便性が向上しました。

これまで「ルート最適化」の計算は、走行データの「駐車イベント情報」から、車両が一定時間、停止していた場所を「訪問/滞在場所」として検知し、それらのデータを元に、どの順番で・どこに訪問(滞在)していたかを算出していました。
しかし、従来のデータ取得にはいくつかの問題点がありました。

<アップデート前の問題点>

  • 休憩のための停車も「滞在」となってしまう
  • 訪問先がごく近距離の場合、2つの訪問先が1訪問としてカウントされてしまう
  • 走行データの画面上で訪問先名が確認できず、どこに訪問していたかがひと目で確認することができない

今回のアップデートでは、上記の問題を解消し、より正確な訪問ルートの最適な計算ができるようになりました。

<アップデート後の改善点>

  • ドライバーが明確にチェックインした場所が「訪問先」と登録される
  • 同一敷地内などの近距離での訪問先のデータも正確に取得できる
  • チェックイン先は取引情報と紐づいているため、どこに訪問したかがひと目でわかる

「走行履歴画面」で「走行ルート」と「訪問場所(訪問履歴)」をまとめて表示できるようになる今回のユーザインターフェース改善は、「ルート最適化オプション」のご契約がなくても利用いただけます。
今回のアップデートによって、「走行履歴画面」でスタッフの1日の活動履歴を網羅できるようになります。

従来の画面では、地図上に「実際の走行ルート」と「最適化した場合の走行ルート」が一緒に表示されていましたが、今回のアップデートで「実際の走行ルートのみ」、「最適化した場合の走行ルートのみ」に表示を切り替ることができます。

なお、今回アップデートされた「ルート最適化」機能をご利用いただくためには、「ルート最適化拡張パッケージ」のインストールが必要です。
すでにCariotをご導入いただいている企業様で、「ルート最適化拡張パッケージ」のインストールをご希望される場合は、担当のカスタマーサクセススタッフにご一報ください。

※「訪問自動記録」機能はCariotモバイルアプリ限定機能です。モバイルアプリをご利用ではないお客様は、これまでどおり「駐車イベント情報」でルート計算が実施されます。
※Cariotモバイルアプリをご利用でないお客様の場合、「走行履歴」画面で表示される場所は、車両の駐車場所です。

モビリティ業務最適化クラウドCariotは、お客様の課題解決をサポートするさまざまな機能をご用意しております。
また、すでにCariotを導入されている企業様の「導入事例」も掲載しています。車両用途・車両情報・導入規模での絞り込みもできます。こちらもぜひ、ご覧ください。


 
 
※本記事の情報、及び画像は、記事作成時点のものです。詳しくは最新の情報をご確認ください。

あなたにおすすめのお役立ち資料

資料をもっと見る

関連する記事

お気軽にお問い合わせ
ください
平日 10:00-18:00
03-6869-2662
お問い合わせ
Cariotの魅力がすぐに
わかる
pagetop