産業廃棄物収集車の運搬効率をアップする方法

活用シーン別Cariot事例集

数ある導入事例の中から、活用シーン(輸配送、フィールドセールス、フィールドサービス)ごとに数社様をピックアップし、導入前の課題と導入後の成果を掲載しています。導入をご検討される際の参考にぜひご覧ください。

無料でダウンロード
Pocket

こんにちは。Cariot(キャリオット)ブログ編集部です。

産業廃棄物(産廃)を運搬するには、自社運搬または「産業廃棄物収集運搬業」などの許可を得た事業者への委託が法律で定められています。産廃は取り扱いがデリケートなものが多く、運搬にも特別な配慮が必要です。産廃を運搬するに当たり、業務車両管理ツールを導入した効率化の事例や注意点を解説します。

 

1.産業廃棄物収集車の効率化

産業廃棄物(産廃)には、法律で定められた6種と政令で定められた14種、計20種があり、事業活動によって生じるため、量の多いものや危険物など、取り扱いが難しい特殊な廃棄物が主になります。これらの処理には排出事業者の法的責任があり、運搬には効率化とともに高い安全性が求められます。
産業廃棄物収集を効率化する、3つのポイントをまとめました。

正確な運行管理と安全走行
産業廃棄物処理には法的責任が発生するため、厳格な運行管理と正確なルート計画、安全対策を実施することが不可欠です。そして、走行をリアルタイムで可視化できるツールを導入し見える化することで、より安全対策を行うことが可能です。

事務作業の省人化
車両の予約管理や走行記録の作成など、運搬に関わる事務は数多くあります。オンライン予約や走行するだけで記録が取得できるツールで、効率的な省人化を進めましょう。

管理者とドライバーの管理工数削減
ツールを導入することで、車両点検や出発・到着の報告、配送の遅延検知など、口頭や電話での連絡を省いて管理工数を削減できます。

1-1.正確なデータ記録と自動保管

産業廃棄物は、排出する事業者から自社運搬をするにしても、国の免許を持つ業者に運搬を委託するにしても、処理が正しく行われなかった場合は事業者の法的責任が問われます。そのため、運搬に関しては通常の荷物よりも厳格な管理体制が求められます。
特に、正確な運行管理は必須です。通常の荷物であれば、走行時間やルートの短縮が効率化につながりますが、産業廃棄物は、もしイレギュラーな事態が発生した場合は、損害賠償などにも発展しかねません。そのようなトラブルを回避するためにも、産業廃棄物に関しては、正確な運行こそが最大の効率化となります。
また、安全運転管理も欠かすことができません。
そのため車両情報をリアルタイムで取得でき、正確で安全な走行情報を確認できるツールの導入が望まれます。
計画からの遅延を通知したり、危険運転を検知したりする機能も必要不可欠といえます。

1-2.事務作業の省人化

効率化は、事務作業など人件費が発生する業務でも重要です。
特に産業廃棄物の運搬の場合、走行に関してはコストカットよりも正確性や安全性が重視されるため、関連業務をいかに効率化するかがカギとなります。
事務作業の自動化を助けてくれるツール導入も、効率化には有効です。書類の記入やファイリングなど、アナログで作業をしている業務がないか、見直してみるとよいでしょう。車両の予約や配車の管理、日報や月報の作成、ドライバーの現在位置を確認できるマップ機能など、車両に関わる事務作業を省人化できるツールの機能は多数あります。
また、産業廃棄物の運搬を担う業者では、法的な観点から記録の保管が特に重要となります。正確な走行データを自動で集積し、必要な条件で検索できるツールを導入することで、事務作業の効率は大幅に改善されます。

1-3.管理者とドライバーの管理工数削減

管理工数の削減は、あらゆる業種において効率化の有効な手段になります。工数とは、仕事にかかる時間に人数をかけて算出される数値で、この数を削減することで業務フローが単純化され、生産性の向上につながります。
産業廃棄物の運搬における管理工数削減は、走行を可視化できるツールによって大幅な改善が期待できます。車両の位置情報、走行ルートや所要時間、渋滞の状況や到着の通知まで、複数台の車両を管理者が端末上で管理・確認することができます。また、管理者が端末で車両の現在地を把握することができるため、走行中にドライバーと電話連絡の必要がなくなり、工数が飛躍的に省略されます。また、ドライバーも運転のみに集中できることから、事故の防止にも役立ちます。
さらにデータ収集のできる管理ツールであれば、過去のデータを利用したルート分析なども可能です。正確な運行や安全性が求められる産業廃棄物の運搬を効率化するためには、なくてはならないツールだといえるでしょう。
 

2.「Cariot」が産業廃棄物収集車にもおすすめの理由

上項で効率化の手段として触れたツールには、さまざまなものがあります。「Cariot(キャリオット)」はその中でも、走行データを即時に取得して業務の全体像を可視化する、車両に特化した管理ツールです。法的な規制があり、高い正確性と安全性が求められる産業廃棄物の運搬において、「Cariot」の優位性をご紹介します。

正確なデータ記録と自動保管
走行するだけで、デバイスから3秒間に1回GPSの正確な位置情報を取得できます。また、データは自動でアップロードされ、様々な分析やルート計画、非効率ポイントの解明などに活用できます。

運転日報作成
取得された走行データから、自動で日報や月報が作成されます。ドライバーの業務を省力化するとともに、管理者やデータ集計担当者の業務も軽減されます。

見える化による非効率配車やコミュニケーションコストの削減
全車両の実働データが画面で可視化(見える化)されるため、ルートの重複や大回りなどの非効率を発見できます。また、車両がどこにいるかが一目で確認できるため、ドライバーからの電話による状況報告なども省略できます。

2-1.正確なデータ記録と自動保管

「Cariot」はGPSから走行データを3秒ごとに取得・更新し、リアルタイム性の高い正確なデータをクラウドに記録します。
例えば、走行ルートや所要時間、出発および到着時刻など、実働の記録はもちろん、アプリを使ってドライバーが業務中の休憩や待機などのステータスを入力することも可能です。また、エンジンオイルの残量確認やタイヤの空気圧など、走行前の点検についても記録を残すことができます。
産業廃棄物を運搬するにあたり、正確性が必要であることは必須条件ですが、運搬物が法令で管理されている性質上、顧客側から走行記録の提出が求められる可能性があります。その場合も「Cariot」であれば、改めて作成する必要はなく、デジタルで記録された正確な日時のレポートをそのまま提出することができるため、業務効率化としても役立ちます。
これらの記録は全て走行中に自動で記録、保管され、過去のデータでも即時に検索して抽出が可能です。

2-2.運転日報作成

産業廃棄物の運搬では、運行記録が義務づけられているものも多く、どこで・どれくらい滞在したのか、正確な記録を残すことが重要です。しかし、業務が終了してから記入する場合、個人の記憶に頼ることになり正確性が失われる心配があります。また、記入のために残業代が発生してしまうなど、時間やコストの面で非効率が発生するケースも少なくありません。
「Cariot」は、走行に関する全てのデータを即時に取得でき、自動で日報や月報が作成されるため、ドライバーは走行業務だけに集中することができます。また、管理者も紙の書類ではなくデジタルのデータとして取得できるので、分析や集計などに活用することが可能です。
産業廃棄物の運搬は、通常の運行よりも慎重に行うことが求められ、正確な記録を残すことが必須です。スムーズな業務の進行や効率化のためには、自動でデータ生成ができる「Cariot」の活用をおすすめします。

2-3.見える化による非効率配車やコミュニケーションコスト削減

非効率部分や業務バランスの悪さを判断するには、可視化(見える化)に勝るものはありません。
例えば「Cariot」のエリアマップでは、目的の車両の位置がピンで示され、刻々と移動している状態が目視できます。産業廃棄物は運搬時の見守りが必要な業務です。この機能があれば現在位置の確認が必要な場合も、電話での問い合わせが不要になります。また、渋滞や事故の迂回などによるルート変更や到着予測なども、ドライバーと管理者だけでなく、社外の関係者とも情報共有できるため、コミュニケーションコストが削減できます。
産業廃棄物は荷物の内容が特殊なため、限られた車両を使いまわして対応する会社も少なくありませんが、その場合も非効率な配車を可視化することで、明確にムダな部分を把握できます。車両の予約状況や稼働状況も過去にさかのぼって分析することが可能なため、車両数を最適に調整する判断にも役立ちます。
 

3.「Cariot」は現場のドライバーにもメリットが

業務車両の管理ツールは管理者側が主に操作し、ドライバー側は受動的になるものが多いですが「Cariot」は情報の共有やステータスの更新、メッセージ送信(モバイルアプリ限定機能)など双方に利便性のある機能が充実しています。また、社内の各部署で効率化が図ることができるさまざまなメリットがあります。

正確なデータで日報作成の手間と時間を削減
走行中にデータを取得し、日報や月報を自動作成できる機能は、ドライバーの負担を削減してくれます。また、日報を管理・集計する部署の労力を省くメリットがあります。

走るだけでデータが取れるから運転に集中できる
産業廃棄物の運搬は、安全性を重視して慎重に行われます。「Cariot」は走るだけでデータが自動に記録されるため、ドライバーが運転業務に集中でき、安全走行の助けになります。

的確な配車で無理のない運行スケジュールが可能に
業務の可視化により配車のムダを省くと同時に、過去のデータを分析することにより無理のない走行ルートやスケジュールが計画できます。

3-1.正確なデータで日報作成の手間と時間を削減

走行データから自動で日報を作成できる「Cariot」は、ドライバーや管理者、集計部署の時間と手間を削減します。また、産業廃棄物の運搬において不可欠な、法令遵守にもとづく正確な記録保管にも有効です。
例えば、運搬に伴う悪臭や騒音に対する生活環境の保全義務、車体に産業廃棄物収集運搬車であることや、排出事業者を表示する表示義務、運搬する産業廃棄物の種類及び数量を記した書類の携行義務といった、細かい法的な決まりがあります。これらに違反すると厳しい罰則が科せられてしまうので、会社にとっては大きな損害が出てしまいます。
その点「Cariot」には乗車前の点検機能(モバイルアプリ限定機能)があり、管理者が設定した項目をデジタルで記録に残すことが可能です。車両の安全確認はもちろん、走行データと同時に日報として保管することができるため、後日、問題が発生した場合の安全策としても有効に活用できます。

3-2.走るだけでデータが取れるから運転に集中できる

運転の業務は神経を使う仕事です。特に産業廃棄物を載せている時に、交通事故や突発的なトラブルに巻き込まれた際、通常とは違う対応が必要になる場合もあります。そのため、運転中はできる限り集中できる環境をつくることが大切です。
会社から電話で連絡を受けたり、忘れないうちに日報を記入したりする業務が運転中に発生することもあります。しかし「Cariot」を導入することで、その作業はシステムが自動で行ってくれます。産業廃棄物の処理場は郊外にあることが多く、長距離の運転ルートになることも少なくありません。日報や連絡の手間がなくなれば、時間や労力を削減するだけではなく、集中力が持続するというメリットが生まれます。

3-3.的確な配車で無理のない運行スケジュールが可能に

自社の資産をフル活用することも、生産性アップや効率化に欠かせない条件です。運送業務の管理者であれば、配車や運行スケジュールに頭を悩ませる人も多いでしょう。しかし、「Cariot」で可視化することで、はっきりと問題点が浮き上がってきます。
例えば、曜日や時間、エリアごとの配車状況、ドライバーの乗車実績など、数値では判断しにくいデータであっても、グラフや表に変換することがすれば視覚的に状況を把握することができます。また、ドライバーによって偏りがないように計画が立てられることもメリットです。急な駆けつけなどにも、ドライバーの位置情報を元に配車することが可能なため、効率的に配車できます。売上に直結する稼働率をチェックする際にも、ぜひ活用してください。
 

4.まとめ

産業廃棄物の運搬には、厳しい決まりごとが多くあります。正確な運行と安全を第一に考えながら、いかに効率化を図るかは悩ましい問題ですが、記録をデジタルで残すという意味でも、データ集積機能に優れたツールは有用です。カスタマイズ性の高い「Cariot」なら、特殊な運搬にもフレキシブルな対応が可能です。

導入事例ページではより具体的な導入効果をご紹介しております。
また、廃棄物収集でのCariot機能については専用ページでもご覧いただけます。
ぜひご覧ください。
 
 
※本記事の情報、及び画像は、記事作成時点のものです。詳しくは最新の情報をご確認ください。

あなたにおすすめのお役立ち資料

資料をもっと見る

関連する記事

お気軽にお問い合わせ
ください
平日 10:00-18:00
03-6869-2662
お問い合わせ
Cariotの魅力がすぐに
わかる
pagetop