【セミナーレポート】働き方改革を実現する!〜ドライバー業務スマート化のための位置情報・ナビシステムの活用ポイント〜

車両を使った訪問/営業活動を効率化するために役立つCariotの機能とは

車両を使った訪問/営業活動に関わる方々からよくお問い合わせをいただく業務の効率化に関するご相談や質問にお答えしながら、Cariotの機能をご紹介している資料です。

無料でダウンロード
Pocket

こんにちは。Cariot(キャリオット)ブログ編集部です。
今回は、弊社が2021年1月27日に開催しましたオンラインセミナーのレポートです。

今回のセミナーでは、先日プレスリリースでもお知らせしましたCariotの「モバイルアプリ」と、株式会社ナビタイムジャパン様が提供する本格派カーナビアプリ「カーナビタイム」との連携について、「ドライバー業務スマート化のための位置情報・ナビシステムの活用ポイント」をテーマにセミナーを行いました。
(プレスリリースはこちらをご覧ください。)

当日ご参加いただけなかった方や、ご参加いただいた方にも改めてセミナーの内容をご紹介します。
今後もセミナーを実施してまいりますので、本記事が参考になれば幸いです。

【目次】
1.第1部【フレクト】ドライバーの働き方が変わる~管理者とドライバーをCariotアプリでつないで業務の効率化~
2.第2部【ナビタイム】フィールド業務を強力に支援する、ナビゲーション技術の現在とこれから
3.第3部【トークセッション】位置情報×ナビシステムが実現するドライバーの働き方改革

 

1.第1部【フレクト】ドライバーの働き方が変わる~管理者とドライバーをCariotアプリでつないで業務の効率化~

■登壇者:株式会社フレクト 執行役員
Cariot事業部 事業部長 大槻 真嗣

車両管理で デジタル化が進んでない場合は、管理者からは自社や協力運送会社のドライバー位置情報は分からず、やり取りは基本、紙または電話(無線)となります。
そのため、コミュニケーションには多くの非効率が生まれます。

Cariotのスマートフォンアプリを利用することで、車両のリアルタイムでの位置情報の把握、ステータスの記録、走行実績の記録・確認を容易に行うことができます。

それにより実現できるさまざまな効率化の事例例を、実際のCariot機能の説明を交えながら、ご紹介させていただきました。

今回、カーナビタイムとCariotが連携したことで、ドライバー・管理者の手間が減り、お互いの業務の改善が進むこととなりました。

カーナビタイム×Cariotで実現できる業務の効率化に関して、詳細のご説明をご希望の方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

 

2.第2部【ナビタイム】フィールド業務を強力に支援する、ナビゲーション技術の現在とこれから

■登壇者:株式会社ナビタイムジャパン ソリューション事業
事業部長 鈴木 祐介 氏

「経路探索エンジンの技術で世界の産業に奉仕する」を経営理念に掲げ、あらゆる移動手段、移動のシーンに対応するナビシステムを提供しているナビタイムジャパン。

業務で車を利用するプロドライバーが選ぶカーナビアプリ「カーナビタイム」のご紹介を中心に、ナビタイムジャパンが提供するナビゲーション技術のご紹介をいただきました。

 

3.第3部【トークセッション】位置情報×ナビシステムが実現するドライバーの働き方改革

[パネリスト]
株式会社ナビタイムジャパン ソリューション事業 事業部長 鈴木 祐介 氏
株式会社フレクト 執行役員 Cariot事業部 事業部長 大槻 真嗣

セミナーの最後には、ナビタイムジャパン、Cariotの両事業部長が登壇し、トークセッションを開催しました。

  • ドライバー業務のスマート化のために、両社が取り組んでいること
  • ドライバー業務のスマート化に向けて、今後、求められる機能について
  • 未来に目を向けて、どのような世界を作っていきたいか

について、それぞれの考えをご紹介いただきました。

最後に

ナビゲーションシステム、モビリティ業務最適化クラウドと両社のサービスがスマート化する分野は異なりますが、両社の連携が進み、お客様にとってこれから対応が求められるデジタル化、業務のスマート化を少しでもご支援できたらと考えております。
 
 
※本記事の情報、及び画像は、記事作成時点のものです。詳しくは最新の情報をご確認ください。

あなたにおすすめのお役立ち資料

資料をもっと見る

関連する記事

お気軽にお問い合わせ
ください
平日 10:00-18:00
03-6869-2662
お問い合わせ
Cariotの魅力がすぐに
わかる
pagetop