動態管理システムで実現する、トラックの輸配送業務効率化3つのポイント

【チェックリスト付き】動態管理システムの選び方

「動態管理システム」の導入メリットをはじめ、最適なサービスの選び方・ポイントについてご紹介している資料です。

無料でダウンロード
Pocket

こんにちは。Cariot(キャリオット)ブログ編集部です。

輸送・配送業界において、今や必須ツールとなった「動態管理システム」。導入を検討されている企業も多いのではないでしょうか。
今回は、GPSを介して車両データを管理することによって生まれるメリットについて、項目別に詳しくご紹介します。また、各サービス会社の特徴もまとめていますので、ぜひ併せてチェックしてみてください。

【目次】
1.トラックの輸配送業務に、「動態管理システム」を導入すべき理由
2.輸配送業務の効率化を実現する3つのポイント
 2-1.車両状況をリアルタイムで把握・共有する
 2-2.走行データを蓄積・分析する
 2-3.最適なルート計画を行う
3.トラックの輸配送業務におすすめの動態管理システム3選
4.まとめ

 

1.トラックの輸配送業務に、「動態管理システム」を導入すべき理由

トラックを複数台所有して輸配送業務を行う場合、動態管理システムは会社にとって大きな力になります。サービスによってはオフィスにいながらリアルタイムで車両の位置を確認でき、自動で走行記録が可視化されるため、業務の効率が飛躍的にアップします。また、見えていなかった問題点や改善点を発見することによって、将来的な収益アップも期待することができます。動態管理システムは低予算での導入が可能なため、今後、ますます導入する企業が増加すると予測されます。

 

2.輸配送業務の効率化を実現する3つのポイント

トラックの輸配送において、業務効率化を実現するためには動態管理システムが有効です。輸配送業務における最も重要な3つの業務について活用することができます。

  • 車両状況をリアルタイムで把握・共有する
  • 走行データを蓄積・分析する
  • 最適なルート計画を行う

2-1.車両状況をリアルタイムで把握・共有する

車両状況をリアルタイムに把握・共有するために特に重要な機能を6つピックアップしました。
これらは稼働状況の管理において必須機能です(機能名はサービスにより異なるので、ここでは一部「Cariot(キャリオット)」の機能名でご紹介します)。

  • DriveCast
  • エリアマップ
  • 車両の予約管理
  • 到着予実の通知・共有
  • 危険運転検知
  • メッセージ機能

管理画面を扱う担当者がこれらの機能を使いこなすことができれば、大きく業務効率アップが見込めます。それぞれの機能が、どのように役立つのかを、次にご説明します。

DriveCast
車両ごとにURLとパスワードを設定することにより、配送先や取引先など社外の関係者と車両の位置情報を共有することができる機能です。エリアマップ上の車両位置から到着時刻を予測できるため、問い合わせ対応の負担軽減に役立ちます。

エリアマップ
車両の位置情報を、リアルタイムで地図上に表示する機能です。配送先からの問い合わせに対し、運転中のドライバーに確認しなくても現在地や到着予測時間を確認できます。また、特定のエリア内に滞在する車両を割り出すことも可能です。

車両の予約管理
車両の予約がオンラインで行えるため、複数のドライバーで車両を使用する際に便利です。また、管理画面から予約状況や利用実績が把握でき、稼働率や走行データに照らした空予約の実態も可視化することができます。

到着予実の通知・共有
予定された運行ルートから到着時刻を予測します。また拠点に到着・出発したことを自動で検知し、関係者間で共有できます。さらに、登録した計画の予実差をレポート出力できるため、配送計画の予実分析に活用できます。

危険運転検知
車載装置から、急加速・急減速、急ハンドル、速度超過、最高速度などの危険運転を検知し、管理者に即時報告する機能です。安全運転についてドライバーに個別具体的な指導ができるため、事故を未然に防ぐ効果が期待できます。

メッセージ機能
モバイル端末のアプリを用いて、管理者とドライバー間でメッセージのやりとりが可能です。ドライバーが運転中でも停車して連絡を受け取る必要がないため、稼働時間の無駄を省いて安全運転にもつながります。

2-2.走行データを蓄積・分析する

次に重視したい点は「走行データを蓄積・分析する」ことです。従来、膨大な時間を費やして行われてきた作業ですが、「動態管理システム」を運用することによって瞬時に可視化できます。

例えば、以下のようなことが可能です。

  • 走行履歴の記録
  • 走行データ分析(重ね合わせ)
  • 駐車状況の把握
  • 目的別レポートの作成

走行履歴の記録
ドライバーが作成した運転日報から作った走行記録を、自動で作成することが可能です。時間、場所、速度や配送先での滞在時間など、すべて即時にデータ化できるため、走行時の無駄が発見しやすくなり、業務効率化につながります。

走行データ分析(重ね合わせ)
配送先への訪問回数、到着時刻、滞在時間など、複数の走行データを地図上に重ね合わせて比較することが可能です。重複した走行ルートを視覚的に確認ができるため、無駄を解消し、適正な走行ルートを設定することに役立ちます。

駐車状況の把握
車両が待機・滞留している地点を管理画面から確認する機能です。車両名、時刻、駐車時間を指定して駐車地点の絞り込みもできます。配送スケジュールと照らし合わせることで、より詳細なドライバーの労働実態を把握することも可能です。

目的別レポートの作成
集積したデータを用いて利用者別・部署別・車両別など、目的別のレポートを作成します。グラフィカルなレイアウトでわかりやすく可視化することで、コンプライアンス遵守、生産性や安全性の向上に活用が可能です。

2-3.最適なルート計画を行う

さらに、「最適なルート計画を行う」ことができることも重要なサポート要素です。これまでドライバーの裁量に一任されていたルートの選択を、ソフトやAIを活用することで最適化します。

主な機能は以下の2つです。

  • ルート設計
  • AIを活用したルート最適化

これらの点は時間と燃料のコストカットに直結し、経験の少ないドライバーであっても高いパフォーマンスを実現できます。それぞれの機能で、どのようなことができるのか、簡単にご説明します。

ルート設計
目的地、車両、順序を登録することによって配送ルートを設計する機能です。エリアマップで配送先への予測時間が確認できるほか、訪問回数、到着時刻、滞在時間が記録され、レポートとして集計・分析することができます。

AIを活用したルート最適化
配送業にとって重要な、ラストワンマイルの最短走行ルートをAIが即時に算出します。実際の走行ルートと比較することで、配送ルートの改善につなげることが可能です。また、ベテランのノウハウを分析し、データとして継承することによって配送効率を向上させることもできます。

 

3.トラックの輸配送業務におすすめの動態管理システム3選

動態管理システムには、多くのサービス提供会社が存在します。それぞれ機能に得意分野があり、サービス内容にも個性があります。その中から、トラックの輸配送業におすすめのシステムを3つご紹介します。

  • モビリティ業務最適化クラウドCariot(キャリオット)
  • A社
  • B社

自社の導入目的と照らし合わせながら、最適なサービス提供会社を選んでください。

モビリティ業務最適化クラウドCariot(キャリオット)
Cariotは、2020年7月度インターネット調査(日本マーケティングリサーチ機構調べ 2020年7月期ブランドのイメージ調査)で、「業務効率化に効果的な動態管理システム No.1」ほか、4つの部門でNo.1を獲得した動態管理システムです。管理画面では稼働状況を一括管理・集計できるほか、目的別のレポートも作成できます。車両を複数人で使用する際に便利な予約システムや、安全指導を徹底できる危険運転検知など、細やかな機能が充実しています。さらに車載デバイスの選択肢が豊富なことも特徴のひとつです。1台から初期投資ゼロで導入できるリースや、無料トライアルも利用できるほか、海外での使用にも対応しているため、活用の幅が広がります。

A社
スマートフォンやタブレットのアプリで利用できる動態管理システムです。導入費用と管理コストが低料金で、無料トライアルもあるため気軽にトライできます。管理画面はドラッグアンドドロップで直感的に操作が可能です。案件の進捗状況や遅延状況も即時に確認できます。また、カーナビ機能が充実しており、正確なルート検索機能により、最適な走行ルートや到着予想時間を算出できます。

B社
工事が不要なシガーソケット挿入タイプを利用することが特徴です。低コストで1台から導入でき、初期費用と手間をなるべく抑えたい企業に適しています。安全運転診断機能では運転のクセを分析し、結果をドライバーがアプリで確認することも可能です。日報をスマートフォンで簡単作成するほか、管理画面では、車検や保険などの異なる複数車両を一元管理でき、業務の手間が簡素化します。

 

4.まとめ

トラックを複数台稼働させている輸配送業者であれば、明日からの業務が驚くほど楽になる「動態管理システム」導入のご検討をおすすめします。
まずは導入メリットをよく理解し、目的に合致するサービス提供会社を探すことから始めましょう。この記事を参考に、自社にぴったりのサービスを見つけてください。
 
 
※本記事の情報、及び画像は、記事作成時点のものです。詳しくは最新の情報をご確認ください。

Pocket

あなたにおすすめのお役立ち資料

資料をもっと見る

関連する記事

お気軽にお問い合わせ
ください
平日 10:00-18:00
03-6869-2662
お問い合わせ
Cariotの魅力がすぐに
わかる
pagetop