Cariotのコネクテッドなブログ

業務用ドライブレコーダーおすすめ10選|価格や用途別の特徴を比較

【目次】
 
・業務用ドライブレコーダーを導入するメリット
・業務用ドライブレコーダーの選び方
・おすすめの業務用ドライブレコーダー10選
・まとめ

 

業務効率化や安全管理といった理由から業務用ドライブレコーダーの購入を検討する際、種類が多くてどれを購入するべきか決めかねているという方も少なくないでしょう。

いずれのドライブレコーダーもさまざまな機能がついているため、どれが自社の業務にそったものであるかどうか判別しづらいという方もいるかもしれません。

ここでは、業務で使用するうえで重視すべき画素数に加え、GセンサーやGPS、暗所対応など目的別にほしい機能などと合わせて業務用にピッタリなドライブレコーダーをご紹介します。
 
 

▪業務用ドライブレコーダーを導入するメリット

会社が保有している自動車に業務用ドライブレコーダーを導入するメリットは多々あります。

個人向けのドライブレコーダーとは異なる点として、代表的なものは下記のような点があげられます。

<業務用ドライブレコーダーのメリット>

  • 車両のデータ管理の負担が軽減される
  • 運転時の特徴把握ができる
  • 危険運転をしていないか把握が可能
  • 事故発生や事故の一歩手前の映像を客観的に見られる
  • リアルタイムで位置を把握し、遅延状況などを把握できる

 
 

▪業務用ドライブレコーダーの選び方

業務用ドライブレコーダーの選び方として、ただ映像を撮影することができるものを選べばよいというわけではありません。

選び方のポイントとして大きく分けると、映像撮影能力やその他の機能があります。

映像撮影は画質とフレームレートが重要です。次の項目から詳しくみていきましょう。
 
 

解像度

解像度が異なると、同じドライブレコーダーでもその映像で確認できる内容が異なります。

解像度が低いと前方の車のナンバープレートを読み取ることができません。

引用元:三菱電機

 
上記の画像の高解像度映像は200万画素となっており、この画素数であれば細かな情報を読み取ることが可能です。業務用に使用するドライブレコーダーでれば、200万画素を目安として考えましょう。

画素数は下記のようにも呼ばれます。

  • 約100万画素:HD
  • 約200万画素:フルHD
  • 約300万画素:3メガ
  • 約370万画素:クアッドHD(QHD)

 
 

フレームレート

フレームレートも画素数と同じくドライブレコーダーで重要になる性能です。

この言葉の意味は、一定時間に何コマの映像をとれるかを表しています。

ドライブレコーダーでは1秒間ごとの時間内でどの程度撮影できるかを表すのが一般的で、数字が大きいほど性能が高いです。

フレームレート数が調整できるタイプもあり、フレームレートは大きいほど映像保存の容量が大きくなります。

可能であれば27fps程度の性能をもっているドライブレコーダーを選びましょう。
 
 

用途別に注意したい特徴

用途によっても、選ぶべきドライブレコーダーの機能は変わってきますので、何を重視するかを決めて選びましょう。用途別に確認すべき機能は下記のようなものです。
 
<用途に対して必要な特徴>

  • 事故の抑止・記録:Gセンサー(加速度センサー)
  • 交通法の遵守:レーダー(オービスなどの探知)
  • 現在位置を把握したい:GPS機能(位置情報)
  • 夜間走行が多い:暗所対応

 
 

▪おすすめの業務用ドライブレコーダー10選

業務用に使用できるドライブレコーダーを10商品ご紹介します。

価格だけでなく、画素数や解像度などのスペックを比較表にまとめましたので、参考にしてください。

解像度が高いほど、録画可能時間が短くなります。

それでは、各商品の詳細についてご紹介します。
 
 

HDR-951GW

引用元:コムテック(COMTEC)
画像引用元:http://www.e-comtec.co.jp/0_recorder/0_rec_img/hdr951gw/av_951.gif
 
<HDR-951GWのおすすめポイント>

  • 前方と車内カメラセット
  • 安全運転支援機能
  • GSP搭載
  • Gセンサー搭載
  • 黒つぶれや白飛び防止
  • LED信号機対応

 
<HDR-951GWの基本情報>

  • メーカー名:コムテック
  • 発売時期:2018年4月頃
  • 価格:メーカー希望小売価格 税抜38,800円
  • 画素数:200万
  • 解像度:320×240
  • 録画可能時間:約40分から75時間/8GB、1.3時間から9.5時間/16GB、約2.6時間から19時間/16GB
  • 商品購入ページ:Amazon楽天

 
 

ZDR026

引用元:コムテック(COMTEC)
画像引用元:http://www.e-comtec.co.jp/0_recorder/0_rec_img/zdr026/01_zdr026.png
 
<ZDR026のおすすめポイント>

  • 370万画素
  • 安全運転支援機能
  • 後続車接近お知らせ
  • GPS搭載
  • LED信号機対応
  • Gセンサー搭載
  • 黒つぶれや白飛び防止

 
<ZDR026の基本情報>

  • メーカー名:コムテック
  • 発売時期:2019年1月頃
  • 価格:メーカー希望
  • 小売価格 税抜42,800円
  • 画素数:370万
  • 解像度:320×240
  • 録画可能時間:約30分から1時間/8GB、約1時間から2.6時間/16GB、約2時間から5.3時間/32GB
  • 商品購入ページ:Amazon楽天

 
 

JVC GC-DR3

引用元:VCKENWOOD
画像引用元:https://www3.jvckenwood.com/dvmain/special/gc-dr3/img/drv/img_gc_dr3.png
 
<JVC GC-DR3のおすすめポイント>

  • コンパクトサイズ
  • フルHD
  • LED信号機対応
  • 黒つぶれや白飛び防止
  • Gセンサー搭載
  • 駐車場録画機能
  • PCアプリと連携可能
  • SDカードスロット搭載

 
<JVC GC-DR3の基本情報>

  • メーカー名:JVCケンウッド
  • 発売時期:2018年8月(参考価格 13,000円〜)
  • 価格:オープン価格
  • 画素数:211万
  • 解像度:1920×1080
  • 録画可能時間:約32分/4GB、約1時間5分/8GB、約2時間10分/16GB、約4時間20分/32GB
  • 商品購入ページ:Amazon楽天

 
 

BU-DRHD635T(法人向けモデル)


 
<BU-DRHD635T(法人向けモデル)のおすすめポイント>

  • 国土交通省貸切バス装着義務化適合機器
  • トラック協会貨物自動車用ドライブレコーダー選定機種
  • 追突防止補助システム
  • 2カメラの映像記録(オプション)
  • 黒つぶれや白飛び防止
  • GPS機能搭載
  • 移動履歴を記録
  • 運行ルート再現機能
  • Gセンサー搭載
  • レンズ可動式
  • 音声記録
  • 8GBのSDカード同梱

 
<BU-DRHD635T(法人向けモデル)の基本情報>

  • メーカー名:ユピテル
  • 発売時期:2015年5月
  • 価格:参考価格 49,800円〜
  • 画素数:200万
  • 解像度:1920×1080〜1280×720
  • 録画可能時間:約2時間〜58,000時間/8GB
  • 商品購入ページ:Amazon楽天

 
 

TW-2

引用元:Driveman
画像引用元:http://www.driveman.jp/products/img/pro_photo_13.jpg
 
<TW-2のおすすめポイント>

  • 走行中撮影映像常時表示可能
  • 駐車監視機能
  • 衝撃感知機能
  • LED信号機対応
  • タッチパネル操作
  • GPS搭載の法人モデル(TR-2)あり

 
<TW-2の基本情報>

  • メーカー名:ドライブマン
  • 発売時期:2018年10月
  • 価格:参考価格 36,000円〜
  • 画素数:約200万
  • 解像度:1920×1080
  • 録画可能時間:約40分から2時間5分/8GB、約1時間25分から4時間20分/16GB、約2時間45分から8時間20分/32GB、約5時間45分から17時間20分/64GB
  • 商品購入ページ:Amazon楽天

 
 

ND-DVR10

引用元:Pioneer
画像引用元:https://jpn.pioneer/ja/corp/news/press/2016/img/0114-1-1.jpg
 
<ND-DVR10のおすすめポイント>

  • Gセンサー
  • 視野角水平105度、垂直55度
  • フレームレート5/FPS
  • GPS内蔵
  • 32GBのSDカード同梱
  • 駐車監視機能
  • LED信号機対応
  • フロントガラスへの映り込み低減

 
<ND-DVR10の基本情報>

  • メーカー名:パイオニア
  • 発売時期:2016年3月頃
  • 価格:オープン価格(参考価格14,000円〜)
  • 画素数:207万
  • 解像度:1920×1080〜1280×720
  • 録画可能時間:約3時間10分から8時間40分/32GB
  • 商品購入ページ:Amazon楽天

 
 

NDR-163

引用元:nPLACE
画像引用元:http://nplace.jp/wp-content/uploads/2016/09/NDR-163_top.jpg
 
<NDR-163のおすすめポイント>

  • Gセンサー搭載
  • 視野角
  • 黒つぶれや白飛び防止
  • 視野角対角130度、水平100度、垂直80度

 
<NDR-163の基本情報>

  • メーカー名:エンプレイス
  • 発売時期:不明
  • 価格:定価不明(参考価格7,000円〜)
  • 画素数:200万
  • 解像度:1920×1080〜1280×720
  • 録画可能時間:約1時間5分から4時間/8GB、約2時間10分から4.8時間/16GB、約4.5時間から9.4時間/32GB
  • 商品購入ページ:Amazon楽天

 
 

DRV-MP740

引用元:KENWOOD
画像引用元:https://www.kenwood.com/jp/products/drive_recorder/drv_mp740/images/figure_product01_large.jpg
 
<DRV-MP740のおすすめポイント>

  • 2カメラセット
  • 16GBのSDカード同梱
  • 黒つぶれや白飛び防止
  • 小型設計
  • ノイズ低減
  • GPS機能
  • LED信号機対応
  • 運転支援機能

 
<DRV-MP740の基本情報>

  • メーカー名:ケンウッド
  • 発売時期:2018年10月上旬
  • 価格:オープン価格
  • 画素数:208万
  • 解像度:1920×1080
  • 録画可能時間:約35分から45分/16GB、約1時間30分から2時間50分/32GB
  • 商品購入ページ:Amazon楽天

 
 

CSD-390HD

引用元:Amazon
画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/918-pFzM%2BQL._SL1500_.jpg
 
<CSD-390HDのおすすめポイント>

  • Gセンサー搭載
  • 8GBのSDカード同梱
  • 暗所対応
  • ボイスアシスト機能
  • 衝撃感知

 
<CSD-390HDの基本情報>

  • メーカー名:セルスター
  • 発売時期:2014年
  • 価格:参考価格17,000円〜
  • 画素数:200万
  • 解像度:不明
  • 録画可能時間:約35分から9時間/8GB、約1.2時間から9.9時間/16GB、約2.5時間から19.8時間/32GB
  • 商品購入ページ:Amazon楽天

 
 

HDR-360G

引用元:COMTEC
画像引用元:http://www.e-comtec.co.jp/0_recorder/0_rec_img/hdr360g/01_hdr360g.png
 
<HDR-360Gのおすすめポイント>

  • ノイズ対策
  • GPS機能搭載
  • Gセンサー搭載
  • LED対応信号機対応
  • 360度カメラ
  • 視野角垂直240度
  • 夜間でも明るく撮影
  • ノイズ軽減
  • 16GBのSDカード同梱

 
<HDR-360Gの基本情報>

  • メーカー名:コムテック
  • 発売時期:2018年7月頃
  • 価格:メーカー希望小売価格 税抜39,800円
  • 画素数:340万
  • 解像度:1440×1080〜1856×1856
  • 録画可能時間:約48分から54分/8GB、約1時間38分から1時間50分/16GB、約3時間10分から3時間30分/32GB
  • 商品購入ページ:Amazon楽天

 
 

▪まとめ

ドライブレコーダーを業務で使用している車両に取り付けることで、データ保管や運転状況の把握が可能です。

選び方のポイントは解像度とフレームレート、そしてGPSなど用途別にほしい機能があるかどうかです。

ドライブレコーダーは画素数が多いほどきれいに保存されます。しかし画素数が高いほど録画できる時間は短くなる傾向にあるので注意してください。

必要な機能を絞り込み、目的に合ったドライブレコーダーを選びましょう。
 

ご質問・ご感想は下記の問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
 
 

○最新機能も使える無料トライアル実施中!

Cariotでは最新機能を全て利用可能な2週間無料トライアルを実施しています。特に、最近では、あおり運転のニュースを受けてドライブレコーダーの人気・需要が高まっています。

安全総点検をお考えのお客様、営業車両や配送車両の運行管理に課題をお持ちの方は、ぜひ一度、無料トライアルで最新のCariotを体験してみてください。

トライアルの申込はこちら