2022年9月の機能アップデート〜チェックインなしで訪問記録のコメント表示が可能に!活用事例も紹介〜

Cariotを活用した車両管理完全ガイド

「車両管理とは」という基礎知識から社用車事故を防ぐ安全運転のポイントまでを解説しています。これから車両管理をはじめる方や、もっと効率的な管理体制を整えたいご担当者におすすめの資料です。

無料でダウンロード
Pocket

こんにちは。Cariot(キャリオット)ブログ編集部です。

クルマと企業をつなぐドライバー働き方改革クラウドCariotは、お客様がより便利に快適にお使いいただけるよう日々、機能のアップデートや改善を行なっています。

今回は、2022年9月の機能アップデート情報をお伝えします。

 

1.9月の機能アップデート紹介

チェックイン不要で訪問記録のコメント・コメント拡張がタイムラインに表示されるようになりました。その他細かな改善点をご紹介します。

◆改善点 Cariot ver 3.28

  • 運転報告にチェックインなしで訪問記録のコメント表示が可能になりました
  • エリアマップ上でのメッセージ送信機能の不具合を改善しました

1-1.運転報告にチェックインなし訪問記録のコメント表示が可能になりました

運転報告タブに表示されるタイムラインに、チェックインなし訪問記録が表示されるようになりました。これにより、全ての訪問記録がタイムライン上で確認可能になります。

1-2. エリアマップ上でのメッセージ送信機能の不具合を改善しました

CariotCore v3.25〜3.27のバージョンで、エリアマップ上でのメッセージ送信機能の利用不具合を修正しました。

○ 不具合の詳細
メッセージ送信をするためのボタンが常に表示されなくなっていました。

2.運転報告機能の活用事例紹介

8月にリリースした運転報告機能は、今までの「日報」機能と「走行データ」機能を融合して、探しやすく見やすく進化した画面です。
「運転報告」のタブからリニューアルした地図画面を利用できます。
しかし、今までご利用いただいていたお客様は、「運転報告」を利用した方がよいか、「走行データ」を利用した方がよいか迷うことがあるかもしれません。
どちらの機能を使った方が効果的か、目的別の事例を3つご紹介します。

  1. 日付、営業所、部署、ドライバーを絞り込む
  2. 走行の軌跡を1日単位で見る
  3. 行動の履歴を時系列で追う

2-1.日付、営業所、部署、ドライバーを絞り込む

見たい走行データの絞り込みは運転報告タブからでも、走行データタブからでも見ることができます。それぞれの特徴を以下に示しました。

運転報告
日付、営業所名、部署、ドライバー氏名を直感的に選択できます。

<以下の場合に有効>

  • 見たいデータを直感的に選択したい
  • 何度も絞り込みをし直したい
走行データ
見たい条件ごとにビューを作成する必要があります。

<以下の場合に有効>

  • 見たい条件が決まっていて、何度も同じ条件で見ることがある

2-2.走行の軌跡を1日単位で見る

運転報告は複数の走行データを元に1日分のデータが作成されます。そのため、走行データを1日単位で見る場合には「運転報告」が有効です。
1日分の運転報告は、走行データの作成後に作成されます。
※本機能をご利用する際は別途設定が必要です。詳しくは担当者にお問い合わせください。

 

運転報告
必ず1日(24時間)単位で走行データが作成されます。1日の終わりにデータが作成されるので、前日の運転報告が1日1回作成されます。

<以下の場合に有効>

  • 地図上で1日の走行の軌跡が見たい
  • 1日以上過去の走行データが見たい
走行データ
エンジンのON/OFFにより走行軌跡が複数にまたがることがあります(設定次第)。
リアルタイムに作成されます。

<以下の場合に有効>

  • エンジンのON/OFFごとの走行データが見たい
  • リアルタイムな走行軌跡が見たい

2-3.行動の履歴を時系列で追う

運転報告、走行データともに、データに関連する行動(滞在やチェックイン) を時系列に見ることができます。
運転報告では、時系列をタイムライン表示にして、業務の流れがわかるように表示させることが可能です。
走行データでは、定形のレポート形式で時系列の行動が表示されます。

運転報告
時系列の行動をタイムラインで表示できる。

<以下の場合に有効>

  • 業務の前後の出来事を見やすい形で順を追って確認したい
  • 当日の業務と走行データを再現したい

走行データ
定形の書式(件名、時刻、詳細)で行動が表示できる。

<以下の場合に有効>

  • 走行データに関連する行動を定形の書式で見たい

※現在Cariotをご利用中のお客様が運転報告機能を有効にするには、別途拡張パッケージのインストールが必要です。詳しくは担当者にお問い合わせください。

◆Salesforce環境

  • CariotCore v3.28以上
  • 拡張パッケージ/運転報告

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

これからもCariotは、より便利に使っていただくための機能の開発を進めてまいります。
ご意見・ご質問・ご感想・ご要望などがございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

Cariotは、1回30分の無料相談を受け付け中です。システムの使い方や疑問・質問など、お気軽にお問い合わせください。

※本記事の情報、及び画像は、記事作成時点のものです。詳しくは最新の情報をご確認ください。

あなたにおすすめのお役立ち資料

資料をもっと見る

関連する記事

お問い合わせ

ご不明点はお気軽にご相談ください

03-6869-2662
平日 10:00-18:00
お問い合わせ
Cariotについて知りたい方

活用方法・事例などをご紹介
3分でCariotがわかる

製品パンフレット

実際のアプリやデバイスを
体験してみませんか

無料トライアル
pagetop