ルート配送効率化とは?|課題・実践できる最適化方法を解説

製品パンフレット

Cariotの機能、料金パッケージが掲載されたパンフレットです。 機能紹介は、機能一覧の他に、輸配送、およびフィールドセールス・フィールドサービスの、それぞれの用途で車両をお使いの場合に生じうる課題の解決に役立つものをピックアップし、より詳しくご紹介しています。

無料でダウンロード
Pocket

配送ルートの最適化は、ルートの組み立てやドライバーの配置などの管理を行う職種の方には、大きな課題の1つです。効率よく配送業務ができれば、業務効率UPやサービス品質の向上などにつながります。しかし、現状ではそれらを実現できている企業は非常に少ないのではないでしょうか。多くの企業は、必要性を痛感しながらも課題解決のための最良手段を見出せずにいることが現実です。ここでは、ルート配送の効率化に向けて、課題を明らかにしながら具体的な手段を考えていきましょう。

【目次】
1.ルート配送効率化とは
2.ルート配送効率化が難しい理由
 2-1.ルートの選択肢が多い
 2-2.配送計画がドライバーの熟練度によって異なる
 2-3.配送ルートが最適かどうかを判断できない
 2-4.災害時を想定した安全性の担保
 2-5.配送員の業務を最適化できない
 2-6.リアルタイムでの配送状況の把握が難しい
3.配送ルート最適化のための対応策
 3-1.走行を可視化してデータを出す
 3-2.リアルタイムで車両を管理をする
 3-3.車両の管理をシステム化する
4.システムで効率化できる課題
 4-1.配送ルートを効率化させたい方へ
 4-2.システムで効率化できない課題
5.システム導入で業務効率改善を実現

 

1.ルート配送効率化とは

ルート配送効率化が求められる背景には、社会の大きな状況の変化があります。少子高齢化による労働力の不足が慢性化し、ドライバー業界にも著しい高齢化傾向が見られています。50~60代が占める割合はすでに半分以上に達し、特に20代の若年層の割合は年々減少の一途をたどるばかりです。これは今後の配送業務に関する最大の懸念点といえるでしょう。配送ロットの拡大やルート最適化、車両稼働率の向上など、あらゆる面からの配送効率の改善策が必要です。

 

2.ルート配送効率化が難しい理由

ルート配送効率化は、業務効率UP/生産性向上、労務管理やコスト低減への配慮の対策となります。しかしその有効性について理解していながらも、その効率化施策の実施については多くの配送会社が頭を抱えているのが現実です。効率化を進めるにあたり、それに伴う数々の課題があります。ここからは、ルート配送効率化を難しくしている理由について具体的に見ていきましょう。

2-1.ルートの選択肢が多い

配送先が少数で保有車両が数台の場合には、ルートの選択肢も限られるでしょう。しかし、多数の配送先に対して何十台もの車両を走行している場合、拠点からの輸送業務では、1日の配送先が数千にも及ぶこともあります。配送先や車両が増えれば増えるほど、ルートの選択肢も膨大な数になるでしょう。
そのため、配送の各要素を見比べたときに「いったいどれが最も良いルートといえるのか、見極めが難しくなってしまう」という状況に陥ります。また日々のルートが異なっている場合、ルートの改善は非常に困難になります。

2-2.配送計画がドライバーの熟練度によって異なる

例えば、最適と予測されるルートであっても、ドライバーの技量によってその効果は異なります。そのため、同じルートを走る場合でも、ドライバーの熟練度によっては最適化されているかどうかを判断することは難しくなります。
一筆書きのように効率の良いルートを作成しても、道幅が狭いなどの難所がある場合、ドライバーによってはかえって時間を要することがあります。配送計画がドライバーの熟練度によって異なってしまうことも課題の解決を難しくしているのです。

2-3.配送ルートが最適かどうかを判断できない

これまで見てきたように、配送ルートの最適化には数多くの要素が複雑に関与しています。ドライバーの熟練度や貨物量、配送先の立地、受け入れ時間の制限、日々のルート変更など、一律に計算するというわけにはいきません。
たとえ、あらゆる要素を考慮しながら作成しても、その配送ルートが最適かどうかの見極めはかなり難しくなります。最適化できているという判断をするためには一定の基準が必要ですが、情報が錯綜して絡み合っていることで目安となる基準を設定することすら簡単ではないのです。

2-4.災害時を想定した安全性の担保

近年、大きな地震や異常気象による自然災害が頻発しています。輸配送を行うトラック走行では、万が一の災害時の安全性についても事前に考えることが必要です。災害時には、通常の走行ルートが使えなくなるなどして、ルート確保といった余分な作業が発生することも想定されます。
例えば、廃棄物の運搬などでは、迅速かつ安全に実施することが求められるでしょう。ルート配送の効率化を考えつつも、安全性をいかに担保するのかは非常に難しい課題の一つです。

2-5.配送員の業務を最適化できない

ルート配送効率化では、拠点を出発し戻るまでの間に、「複数台の車両を複数の配送先にどのように回らせれば最も効率性が向上できるのか」を考えることが必要です。しかし、当然ながらそこにはドライバーという人間が介在しています。各自の勤務時間や休憩時間も計算に入れなければなりません。
また、どれほど効率が良くても、ひとりのドライバーに比重がかかり過ぎるような設定はできません。さらに、集配業務では荷物の積み下ろしに必要な時間と人員数などもルート作成に影響を与える要素となります。合理性だけを追究して単純に業務を最適化するのは、現実的ではないのです。

2-6.リアルタイムでの配送状況の把握が難しい

理論上の効率的なルート作成を行ったとしても、刻々と状況が変化する実際の現場では計算通りに配送が進められない可能性があります。「現在のルートで現場は大丈夫なのか」「適切な運行ができているのか」という問題は、その日の状況によって変わるため、単なるルートの作成だけで解決できるものではありません。ドライバーとの緊密なコミュニケーションが求められますが、運転中の報告はできず、タイムラグが発生します。

 

3.配送ルート最適化のための対応策

配送ルート最適化に向けては、目の前に山積みされた課題を1つ1つクリアしていかなければなりません。課題解決にあたっては、なるべく負担のない形で解決することが理想的です。最適化の実現のためにはどうすればいいのでしょうか。具体的な手段について紹介していきます。

3-1.配送状況を可視化してデータを出す

配送ルートを最適化していくためには、現状の正しい把握が必要です。走行や配送先でかかる時間、ドライバーや配送員の勤務時間と休憩に必要な時間などについての詳しいデータがなければ、現状の把握できないため、改善のしようがありません。
動態管理システムでは、業務を可視化できる配送ルート最適化サービスを提供しています。優れたシステムを利用すれば、業務記録やタコメーターだけでは把握しきれない詳細データを見ることが可能です。
配送車両の走行の軌跡を残す機能もあり、配送先までの走行した道や配送の順番なども記録することができます。それにより、ルート配送の効率化を進めやすくなります。

3-2.リアルタイムで管理をする

配送状況を記録してデータとして保存するほかに、GPSによるクラウド型の車両管理サービスでリアルタイムの走行状況を把握できるシステムもあります。現時点でどの場所を通過しているのか、またそれにかかった時間や道路状況などがリアルタイムで分かるため、顧客からの問い合わせや到着時間の通知にも活用できるでしょう。
双方向で通信ができれば、リアルタイムな状況が把握できるため的確なルート指示が行えるようになります。安全性への対策としても、効果が高い手段といえるでしょう。

3-3.車両の管理をシステム化する

記録簿や管理表を手書きなどアナログな手法で車両管理を行っている企業がいまだ多く存在します。しかし、ルート配送効率化を考えたとき、アナログな手法では複雑な配送管理を的確に行うのは難しいでしょう。どれほどルート管理に精通している人材がいたとしても、さまざまな課題解決をしながら毎日的確なルート計画を作成することには限界があります。
動態管理システムを取り入れることで、解決できる課題は数多くあります。管理システムを活用することは、将来に向けた取り組みとして、業務を円滑に進めるための1つの有効な選択肢です。

 

4.システムで効率化できる課題

自社に適したシステムの導入によって「配送効率アップ」「企業の営業利益アップ」などの効果が期待されます。安全なルートを走行し、リアルタイムでの状況が報告されることで、ドライバーの安全と運行管理、顧客満足度の向上も可能となります。
自動的に蓄積されるデータにより、日々ルート管理の最適化の精度が上がっていきます。アナログな作業ではとても難しい業務管理に、ムダな作業時間を取られることもなくなるでしょう。

4-1.配送ルートを効率化させたい方へ

人員不足が深刻になる中、物流業界が果たす役割は増大するばかりです。しかしながら「配送の効率化の進捗が思わしくない」「走行経路の改善方法が分からない」など、配送ルートの最適化に悩んでいる方も多いでしょう。現在、配送ルートの効率化、業務改善へのヒントとなる資料をご紹介しております。ぜひご一読ください。
配送担当者の方におすすめの入門書となっており、改善への取り組み方と、ルート配送効率化の実現に向けた具体的な手法についてご紹介しています。

ルート配送業務の改善の第一歩。最適なルート設定を実現する動態管理システム活用術

4-2.システムで効率化できない課題

最良のシステムを導入することで、多くの課題が改善へと導かれます。しかし、実際の業務上では、システムだけでは効率化できない課題があることも事実です。例えば、ドライバーの熟練度は、個人の資質やスキルに大きく左右されます。また、道路状況など、その日・その時にならなければ分からないこともあります。
ただ、システムの機能を十分に活用していけば、そうした課題に対しても何らかの解決への糸口を見出せる可能性もあるでしょう。人的・自然発生的な課題を想定した上で、システムによる効率化を進めていくことで、全体的な業務効率の改善が実現できるのです。

 

5.システム導入で業務効率改善を実現

配送ルートの細分化や人員不足など、物流の現場は苦難を強いられています。これまでのような方法だけでは、順調な運営が難しくなる一方です。特に、複数台の車両、複数の配送先を抱える企業では、ルート配送効率化に向けてあらゆる手段を模索していかなければなりません。その中でもシステムの導入は、最も現実的な選択肢の一つです。システムの導入を行うことで、ルートの最適化や動態管理、人員配置、安全への施策などさまざまな面からのサポートが期待できます。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これからもCariotは、より便利に使っていただくための機能の開発を進めてまいります。
ご意見・ご質問・ご感想・ご要望などがございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

※本記事の情報、及び画像は、記事作成時点のものです。詳しくは最新の情報をご確認ください。

Pocket

あなたにおすすめのお役立ち資料

資料をもっと見る

関連する記事

お気軽にお問い合わせ
ください
平日 10:00-18:00
03-6869-2662
お問い合わせ
Cariotの魅力がすぐに
わかる
pagetop