Cariotのコネクテッドなブログ

車両管理のフリーソフト3選|エクセルの管理用テンプレートあり

【目次】
 
・車両管理に使えるフリーソフト
・フリーソフトで車両管理を行うメリット・デメリット
・車両管理システムを使用するメリット・デメリット
 

車両管理を行うソフトを導入したいが、できれば費用はかけたくない。
そのような場合は、フリーソフトの活用がおすすめです。
おすすめの車両管理フリーソフトを紹介していきます。
 
 

▪️車両管理に使えるフリーソフト

車両管理ソフトいうと、専用のソフトウェアを購入する必要があると考えてしまいがちですが、実際はそうではありません。

車両管理ソフトには、フリーソフトとして展開されているものも存在します。

代表的なフリーソフトとして、次の3つが挙げられます。
 
 

アクセスで管理するフリーソフト

車両管理システム(Ftype)フリーソフト版」は、Access2010で構成されているフリーソフトです。

Accessがインストールされていれば、ダウンロードしてすぐに利用できます。

車両管理に特化し余計な機能を省いているため、わかりやすく簡単に利用可能です。

自社の車両が10台までであれば、フリーで利用できます。
 
 

エクセルで管理するフリーソフト

エクセルファイルをダウンロードして、車両管理を行うフリーソフトもあります。

「運転者管理台帳」「車両管理台帳」は、運転者管理と車両管理でそれぞれ別のエクセルファイルを採用しているため、必要なファイルだけを利用することも可能です。

関数を使用して必要なデータを抽出できる作りになっており、ファイルを自由に改変、編集して自分が使いやすいようにカスタマイズできる魅力があります。

車両管理表」もカスタマイズが可能なフリーソフトです。企業が保有している車番や使用者、点検日、車検日、走行距離などを記録できる、シンプルな車両管理ソフトとなっています。
 
 

▪️フリーソフトで車両管理を行うメリット・デメリット

車両管理をフリーソフトで行うメリットとデメリットを紹介します。
 

  • メリット
    フリーソフトを利用する最大のメリットは、文字通り無料で使うことができる点です。車両管理ソフトはシンプルなものでよく、コストをかけたくない場合に特におすすめです。
  • デメリット
    フリーソフトを使った車両管理のデメリットは、運用に手間や時間がかかることです。有料の車両管理ソフトは、高機能かつ使いやすく設計されていますが、フリーソフトの場合Accessやエクセルがベースとなり、場合によっては使い勝手が悪いと感じることがあります。

 
 

▪️車両管理システムを使用するメリット・デメリット

車両管理システムを使用するメリットとデメリットは以下の通りです。
 

  • メリット
    車両管理システムを導入することで、管理者の負担を軽減できるメリットがあります。車種情報だけではなく、メンテナンス情報や車検情報、保険情報なども含め、一元管理することが可能です。また、適切な車両台数の把握や、保険料の見直しができるなど、コスト削減効果も期待されます。
  • デメリット
    有料の車両管理システムを導入すると、コストがかかってしまいます。ただし、メリットの項目で紹介したように、システムを用いて車両管理を効率化ことで、結果的にコストを削減することも可能です。

 
 

▪️まとめ

車両管理ソフトには、コストがかからないフリーソフトも存在しています。フリーソフトはシンプルな作りのものが多く、車両管理システムがとはどのようなものかを、簡単に実感するきっかけにもなります。

まずは、フリーソフトを活用し、さらに高機能で使いやすい有料版の導入が必要か否かを検討してみてください。
 
 

最後までお読みいただきありがとうございます。
ご質問・ご感想は下記の問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 
 

○最新機能も使える無料トライアル実施中!

Cariotでは今回お伝えした機能も含め、最新機能を全て利用可能な2週間無料トライアルを実施しています。特に、最近では、あおり運転のニュースを受けてドライブレコーダーの人気・需要が高まっています。

安全総点検をお考えのお客様、営業車両や配送車両の運行管理に課題をお持ちの方は、ぜひ一度、無料トライアルで最新のCariotを体験してみてください。