LTEモジュールを搭載した通信型ドライブレコーダー端末「ER2」の機能アップデート

製品パンフレット

Cariotの機能、料金パッケージが掲載されたパンフレットです。 機能紹介は、機能一覧の他に、輸配送、およびフィールドセールス・フィールドサービスの、それぞれの用途で車両をお使いの場合に生じうる課題の解決に役立つものをピックアップし、より詳しくご紹介しています。

無料でダウンロード
Pocket

こんにちは。Cariot(キャリオット)ブログ編集部です。

2018年8月21日、弊社の通信型ドライブレコーダー「ER2」の機能アップデートに関するプレスリリースを配信いたしました。

~ドライバーのタイミングでクラウド上へ動画アップロードできる便利な機能を本ブログでもご紹介します。~

■「ER2」について
18年4月に発売を開始した「ER2」は、LTEモジュールを搭載した通信型ドライブレコーダー端末です。
これまでそれぞれ独立して利用していただいていた「高性能ドライブレコーダー」、「GPSトラッキング」、「FeliCaリーダー」の3つの機能をコンパクトに一体化し、高いコストパフォーマンスを実現します。
車の情報はLTE回線網を通じ、「Cariot」サーバに連携します。サーバにはGPSによる速度測位、危険運転(急加速・急減速・急ハンドル)時の位置情報や動画データなどがクラウド上にアップロードされ、「Cariot」上の走行データから地図上で把握できるようになります。これにより、タイムリーな現場の状況把握、走行記録の自動化による業務効率化や、危険運転ドライバーの運転指導ができ、安全性の向上などを実現します。
映像はHD画像、WDR搭載のクリアな画質で保存されます。またインカメラにも対応し、車外だけでなく車内の同時録画が可能です。

ER2-2

 
■新機能「緊急通報ボタンによる動画送信」について
今回の機能アップデートでは、「ER2」に「緊急通報ボタンによる動画送信」を追加したことで、ドライバーのタイミングでクラウド上へ動画アップロードが可能になりました。
端末の緊急通報ボタン(EMGボタン)を押した瞬間を起点とし、クラウド環境に前約6秒、後約4秒の動画(インカメラ動画を含む)をアップロードします。アップロードされた動画データは「ドライバーによる通報」イベントとして走行データ画面から閲覧することが可能です。また、「急加速」「急減速」「急ハンドル」と同様に、メールアラートの通知等をオプションで設定できます。緊急時以外にも利用範囲が広がり、荷物ピックアップや所定作業完了時のエビデンス等にご活用いただけます。

■利用時の注意点
本機能は既にER2をお使いのユーザー様もご利用いただけます。
イベントを画面上で正しく表示するには、Cariotパッケージバージョンが2.1以上である必要があります。
イベントの表示や記録に問題がある場合、お使いのCariotパッケージバージョンが不明な場合は、弊社カスタマーサクセスへお問い合わせください。

ボタンを押す際は、端末の取付部位に支障のないよう、本体前方面を軽く押さえながら操作してください。
スピーカーがONの場合、ベル音で操作成功をお知らせします。
走行中の端末操作は危険ですので、必ず停車してから行うようにしてください。

ER2-3-1
通信型ドライブレコーダー端末には「ER2」をご検討ください。
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これからもCariotは、より便利に使っていただくための機能の開発を進めてまいります。
ご意見・ご質問・ご感想・ご要望などがございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

※本記事の情報、及び画像は、記事作成時点のものです。詳しくは最新の情報をご確認ください。

Pocket

あなたにおすすめのお役立ち資料

資料をもっと見る

関連する記事

お気軽にお問い合わせ
ください
平日 10:00-18:00
03-6869-2662
お問い合わせ
Cariotの魅力がすぐに
わかる
pagetop