トラックやバスなど特別な車両にはシガーデバイス

製品パンフレット

Cariotの機能、料金パッケージが掲載されたパンフレットです。 機能紹介は、機能一覧の他に、輸配送、およびフィールドセールス・フィールドサービスの、それぞれの用途で車両をお使いの場合に生じうる課題の解決に役立つものをピックアップし、より詳しくご紹介しています。

無料でダウンロード
Pocket

こんにちは、Cariot(キャリオット)ブログ編集部です。

みなさんが普段、乗っている乗用車にはOBD2というポートがあり、Cariotではそのポートを利用したOBD2デバイスによりカンタンにコネクテッド・カーが実現できます。ただし、大型トラック、大型バスなどではOBD2ポートがなかったり、取り付けが簡単ではないケースがあります。
そういう場合には、ほとんどのトラックやバスに付いているシガーソケット対応の車載デバイスを使うことでコネクテッド・カー アプリケーションを使うことができます。Cariotでは以下の写真にあるシガーソケットに装着できる車載デバイスを利用します。

シガーソケットにつながる車載デバイス、名刺入れに近いくらいのサイズです

シガーソケットにつながる車載デバイス、名刺入れに近いくらいのサイズです

シガーソケットに装着するタイプの車載デバイスの場合、OBD2から取得できていた燃費やエンジン回転数などの一部情報は取得できませんが、位置情報や速度情報、方向などは運行管理に必要な基本的な情報は取得できます。
シガーソケットに車載デバイスを取り付けるのはOBD2の場合と同じでとてもカンタンです。以下の動画を見てみてください、さっとできてしまいますね。

Cariotは建設現場のダンプトラック車両や、物流における大型トラックなどにも利用されております。そういった車両での利用はシガーソケットへ装着するタイプの車載デバイスを利用することが多いです。
OBD2が付くかどうか不安なクルマでも、シガーソケットがあれば、コネクテッド・カー アプリケーションはカンタンにできるので、ぜひCariotの導入をご検討ください。

 
※本記事の情報、及び画像は、記事作成時点のものです。詳しくは最新の情報をご確認ください。

Pocket

あなたにおすすめのお役立ち資料

資料をもっと見る

関連する記事

お気軽にお問い合わせ
ください
平日 10:00-18:00
03-6869-2662
お問い合わせ
Cariotの魅力がすぐに
わかる
pagetop