Cariotのコネクテッドなブログ

トラックやバスなど特別な車両にはシガーデバイス

PAK160218480I9A9257_TP_V

こんにちは、Cariotニュース編集部です。

みなさんが普段乗っている乗用車にはOBD2というポートがあり、Cariotではそのポートを利用したOBD2デバイスによりカンタンにコネクテッド・カーが実現できます。ただし、大型トラック、大型バスなどではOBD2ポートがなかったり、取り付けが簡単ではないケースがあります。

そういう場合には、ほとんどのトラックやバスに付いているシガーソケット対応の車載デバイスを使うことでコネクテッド・カー アプリケーションを使うことができます。Cariotでは以下の写真にあるシガーソケットに装着できる車載デバイスを利用します。

シガーソケットにつながる車載デバイス、名刺入れに近いくらいのサイズです

シガーソケットにつながる車載デバイス、名刺入れに近いくらいのサイズです

シガーソケットに装着するタイプの車載デバイスの場合、OBD2から取得できていた燃費やエンジン回転数などの一部情報は取得できませんが、位置情報や速度情報、方向などは運行管理に必要な基本的な情報は取得できます。

シガーソケットに車載デバイスを取り付けるのはOBD2の場合と同じでとてもカンタンです。以下の動画を見てみてください、さっとできてしまいますね。

Cariotは建設現場のダンプトラック車両や、物流における大型トラックなどにも利用されております。そういった車両での利用はシガーソケットへ装着するタイプの車載デバイスを利用することが多いです。

OBD2が付くかどうか不安なクルマでも、シガーソケットがあれば、コネクテッド・カー アプリケーションはカンタンにできるのでぜひCariotをご検討ください。

気になったら、まずはお試し

無料トライアル

この手軽さを、ぜひお試しください!