2022年06月28日(火)まで開催
エントリー終了

白ナンバー事業者が取り組むべきDX 〜ドライバー管理からアルコールチェック運用まで〜

Pocket

セミナー概要

白ナンバー事業者が取り組むべきDX推進に関して、物流業界専門のコンサルティングとして多くの実績をもつ船井総研ロジと、ドライバー・管理者双方のDXを推進するサービスを提供するCariotが、それぞれ実例を交えてご紹介します。

テーマ・
対象者

主に白ナンバー事業者の経営者、管理者の方

日時

2022年6月28日(火)14:00〜15:00

会場

オンライン開催(Zoom)

セミナー概要

2024年問題、アルコールチェック義務化と、白ナンバーの事業者も対応を迫られる課題が多くある中で、それらへの対策として各企業が検討を進めている対応のひとつがDXの推進です。


しかし、『DX』という言葉はよく聞くものの、自社ではどのような取り組みを行うべきか、何から手をつけていいかわからないという声も耳にします。


本セミナーでは、船井総研ロジ株式会社より、特に白ナンバー事業者の管理者の方に、生産性を向上させるヒントや実例をご紹介します。
株式会社フレクトからは、物流から営業、訪問サービスの企業を対象に、走行と業務のデータを活用することで、アナログで非効率な業務を解消するクラウドサービス「Cariot(キャリオット)」をご紹介します。


セミナーの最後には、質疑応答の時間も設けております。
白ナンバー事業者の方でDX推進をご検討されている方は、この機会にぜひご参加ください。


※セミナー参加費は無料です。

※同業他社、および個人の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

※お申し込みは6月27日(月)18時で締め切りとなります。

こんな方におすすめ

  • DX推進に取り組もうとされている方

  • 物流専門コンサルタントからのヒントを伺いたい方

  • 動態管理システムの導入をご検討されている方

プログラム

  • 第1部:物流・運送業界の最新時流と明日から使えるDX事例

    [ 登壇者 ]
    船井総研ロジ株式会社 物流ビジネスコンサルティング部 DX推進チーム チームリーダー 齊藤 史織 氏

  • 第2部:Cariotを使ったアナログで非効率な業務の解消方法
    〜ドライバーと管理者が楽になる、問合せ業務と管理業務のデジタル活用〜

    [ 登壇者 ]
    株式会社フレクト 執行役員 Cariot事業部 副事業部長 大槻 真嗣

  • 第3部:トークセッション

    [ パネリスト ]
    船井総研ロジ株式会社 物流ビジネスコンサルティング部 DX推進チーム チームリーダー 齊藤 史織 氏
    株式会社フレクト 執行役員 Cariot事業部 副事業部長 大槻 真嗣

    ※内容は変更することがございます。

登壇者

船井総研ロジ株式会社
物流ビジネスコンサルティング部 DX推進チーム チームリーダー

齊藤 史織 氏

登壇者プロフィール

入社以来、運送・物流会社専門のコンサルタントとして、生産性向上や業績アップを目的としたDXコンサルティングを行う。
企業規模や課題・目的に合わせた、最適なデジタルシフトの提案や、業務フローの整理、デジタルツールの導入支援を得意としている。

株式会社フレクト
執行役員 Cariot事業部 副事業部長

大槻 真嗣

登壇者プロフィール

新卒で株式会社リクルートに⼊社し、社内の制作システム開発からネットメディア開発やBPRを担当。
ネットメディアの企画や編集⻑を経て、SUUMOブランド統合後に2009年から事業開発に従事。
2012年、⼤阪ガスとの合弁会社のリフォーム業者マッチングサービス「ホームプロ」に出向し、マーケティング責任者を担う。
2016年10⽉よりフレクトに参画。デジタルを活⽤し、少しでも⽇本の⽣産性を上げていきたい。

個人情報の取り扱いについて

参加者の個人情報は、本セミナーの共催企業と株式会社フレクトで共有し、各企業の個人情報保護方針に沿って管理されます。
Cariotでの個人情報の取り扱いについては、下記フォームの「個人情報保護方針」を、
船井総研ロジ株式会社様での個人情報の取り扱いについては、下記ページをご確認の上、お申し込みください。
https://www.f-logi.com/privacy-policy/

セミナーの申し込みを締め切りました

Pocket

お問い合わせ

ご不明点はお気軽にご相談ください

03-6869-2662
平日 10:00-18:00
お問い合わせ
Cariotについて知りたい方

活用方法・事例などをご紹介
3分でCariotがわかる

製品パンフレット

実際のアプリやデバイスを
体験してみませんか

無料トライアル

車両の現在地と到着予測時間のスムーズな情報共有を実現する方法の資料はこちら!

資料ダウンロード
pagetop