Cariotで実現する車両の到着予測

遅延・早着への迅速な対応で電話連絡の回数を削減

配送遅延や早着が発生した場合、運行管理者は関係者への電話連絡に忙殺されてしまいます。
動態管理システムの活用によって車両の現在地と到着予測時間のスムーズな情報共有を実現する方法をご紹介します。

こんな方におすすめ

  • 運送事業者の運行管理者・配車担当者

  • 輸送遅延や早着の対策を検討したい方

  • 到着時間の問い合わせを削減したい方

 

資料をダウンロードする

*は必須項目になります

pagetop