予約管理/運行予実

車両の予約状況と利用
実績を可視化

Cariotには会議室の予約感覚で操作できる、車両の予約機能があります。
車両の予約状況と利用実績を可視化することで稼働率がひと目でわかり、効率的な車両管理ができます。

車両の予約管理/運行予実管理

複数車両の予約・利用状況を一覧化し、変更・削除などの情報をリアルタイムに反映します。どの車両がいつ利用できるのか可視化されるので、車両管理者~ドライバー間で利用状況が共有できます。

予約は車両ごとに時間帯を選び自分で登録します。予約実績は車載デバイスから取得された情報によって、自動的に記録されます。これによって車両の運行データがシステムにリアルタイムで反映され、最新の車両利用状況が確認できます。

また、Felica機能を使うと、ドライバーによるチェックイン/チェックアウトの時間や車の走行時間が自動で記録されます。

車両の予約管理/運行予実管理のメリット

予約と利用実績の差が可視化されることで、実際の車両の稼働状況がわかります。空予約・無断利用の発見、利用時間が少ない車両の特定ができます。
これまでより少ない車両で業務がまわるようになれば、車両利用の効率アップや台数削減によるコスト削減が期待できます。

また、チェックイン/チェックアウト機能を利用すれば、どのドライバーがどの車両を使用したのかがわかり、ドライバーの労務管理やサボリ検知にも役立ちます。

その他の機能一覧

到着時間を相手に知らせたい

Cariotと連携したい

車両管理のノウハウ資料
Page top