Cariotのコネクテッドなブログ

「着脱カンタンデバイス」で楽々!マイカー経費管理

Cariotで利用する車載デバイスは「OBD2タイプ」「シガータイプ」両方ともデジタコの取り付けなどと違い「だれでもカンタン」に取り付け・取り外しができます。 「着脱カンタン」だと実際に何が良いのか を、今回はご紹介させていただきます。

 

実際にCariotを利用した時の利用分ガゾリンレシート

実際にCariotを利用した時のガソリンレシート

そこで、デジタコを使って記録を取る、という方法がありますが、デジタコのマイカーへの取り付けは意外に大変です。(取り外しも大変です。)さらに、それ以上に大変なのはマイカー利用のプライバシーへの配慮です。

マイカーは業務にだけ使うわけではありません。休日に遊園地に遊びにいったり、デートに行ったりするのに使います。このときに、そのデータを会社に出すのは嫌ですよね。デジタコなど 取り外しが大変なデバイスだと、こういったプライバシーの理由で、マイカーの業務利用において運行データをデジタルで取る事が難しく なります。

 

そこで便利なのが、「着脱カンタン」な車載デバイスです。Cariotのデバイスは取り外しも簡単です。マイカーで業務利用の時だけ取り付けてもらい、その走行記録をもとに経費精算をすれば、次のようなメリットがあります。

・企業側:車載デバイス、システムから自動取得された走行データで経費精算ができる
・個人側:業務で使った報告をデジタルデータで簡単にでき、プライバシーが配慮される

マイカー利用の経費精算が柔軟かつ便利にできて、企業も個人もハッピーです。

4b40e836214cb7f6b6f0107edb3a9bfd_m

 

着脱カンタンデバイスだと、他にも契約期間が限られる傭車(外注車両)で、対象期間だけデバイスをつけてもらう、工事現場で一時的に来ているダンプトラックにつけてもらう、など柔軟な使い方ができます。

着脱カンタンデバイスとCariotで、車両の運行管理はもっと柔軟に、もっと便利になります。Cariotでは「着脱カンタン」のユースケースをこれからもたくさん発見して、みなさんに報告していきたいと思います。どうぞお楽しみに。

気になったら、まずはお試し

無料トライアル

この手軽さを、ぜひお試しください!