スマホロガーは落とし穴!炎天下の高温車内に耐えられますか?

製品パンフレット

Cariotの機能、料金パッケージが掲載されたパンフレットです。 機能紹介は、機能一覧の他に、輸配送、およびフィールドセールス・フィールドサービスの、それぞれの用途で車両をお使いの場合に生じうる課題の解決に役立つものをピックアップし、より詳しくご紹介しています。

無料でダウンロード
Pocket

こんにちは。Cariot(キャリオット)ブログ編集部です。

昨日は、東京・青梅で観測史上初めての40℃超を観測するなど、日本列島で記録的な暑さを観測し続けていますが、車でお仕事をされる皆様の体調はいかがでしょうか?
この記録的な酷暑がきっかけで、Cariotの熱対策についてお客様から質問がありました。今後しばらく、この過酷な環境が続きそうなことから、ブログ読者の皆様にも共有したいと思います。

  1. 真夏の社内の温度はどのくらいなの?
  2. 気温が35℃を越えると炎天下に駐車していた車内は倍の70℃になると言われています。特にものを置きやすいダッシュボード部分は70℃を越えることもあります。

  3. DriveCastをカーナビ風にスマホで使っているのですが大丈夫?
  4. スマートフォンの耐久温度は40℃程度までとなっています。
    以下のような高温注意のマークを見たことがある方もいるのではないでしょうか?

    高温注意

    スマートフォンの耐久温度は、一般的に40℃前後なので、真夏の車内のような状況下では高温になり、動かなくなってしまうことがあります。火傷、故障の元となり大変危険ですので、スマートフォンを車内に放置しないでください。

  5. Cariotのデバイスの耐久温度は?
  6. -25 ~ 75 ℃で動作しますので、連日の真夏日にも耐久性があります。ただし、デバイスも精密機器ですので極端な温度変化や過酷な状況下での使用は、故障やトラブルの元となります。サンシェードや熱線カットカーフィルムで日よけ対策をするなど、車内の温度上昇を抑えるように心がけてください。

  7. 車内の温度を計測・送信できるデバイスはありますか?
  8. 残念ながら現在はご用意がありません。この危険を伴う暑さを体験すると、今後、車内安全のために温度を把握したいというニーズが出てきそうです。ぜひ、詳細なご意見をお寄せください。

    車を運転する若い日本人女性

いかがでしたか?。今後も酷暑が続きそうですので工夫してぜひ、快適なカーライフをお過ごしください。
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これからもCariotは、より便利に使っていただくための機能の開発を進めてまいります。
ご意見・ご質問・ご感想・ご要望などがございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

※本記事の情報、及び画像は、記事作成時点のものです。詳しくは最新の情報をご確認ください。

Pocket

あなたにおすすめのお役立ち資料

資料をもっと見る

関連する記事

お気軽にお問い合わせ
ください
平日 10:00-18:00
03-6869-2662
お問い合わせ
Cariotの魅力がすぐに
わかる
pagetop