管理業務効率化だけではなく、「安全」という付加価値の提供を目指す導入事例
ランスタッド株式会社様

現場の走行状況がリアルタイムに把握が可能に。「業務効率化」「車両事故抑制・軽減」だけでなく、課題を洗い出し、具体的な指導でドライバーの「人材育成」を同時に実現。お客様にとってより価値のあるサービスを展開することが今後のミッション

  • 見える化

  • コンプラ

  • 安全性

  • コスト削減

  • 効率化

  • カスタマイズ

  • 利用部門
  • スタッフィング事業部
  • 車両情報
  • トラック、その他
  • 導入規模
  • 27台(2019年10月時点)

派遣するドライバーの自己抑制・自己啓発と現場の状況把握に課題があった

ランスタッド株式会社は、企業様に対して人材を派遣・紹介・アウトソーシングを行う総合人材派遣サービス会社です。自動車運転業務に関するお客様に対し、ドライバーを派遣する業務も行っています。
派遣業種は、貨物の輸送といった物流だけではなく、メーカー、工場、独立行政法人、学校法人、医療法人、介護施設など多岐に渡ります。

このように多くの人材を派遣するなかで、ドライバーが大きな事故などに発展する前に気をつけるための「自己抑制」や「自己啓発」の対策に課題を抱えていました。

私たちが日々、管理・監督をしている現場は、24時間365日動いています。何かが起きた際に、事態を把握するための方法が当事者からのヒアリングしかありませんでした。そこまで大きな事態に発展しない事柄に関しては、それ自体を知ることが難しいという問題がありました。これまでも、デジタル的な研修などを行ってきましたが、啓発資料を作って見てもらうなどアナログな方法が主でした。こういったシステムがあると、事故抑制・傾向の把握ができるので、具体的な形でスタッフへの自己啓発・啓蒙をすることが可能になりました。

導入の決め手は「リアルタイムでドライバーを確認できる」「車両事故抑制・軽減」「お客様に定量的なデータを提供できる」こと、「お客様へ付加価値の提供」

昨年から、業務基幹システムとしてSalesforce(セールスフォース/クラウド型管理システム)を導入・運用していましたが「我々の事業に直結して役立つものはないか?」「もっと利便性を高められるものはないか?」と探していたところ、Cariotを知りました。

Cariot導入の決め手は、3点あります。まず、すでに利用していたSalesforceとの相乗効果、次にお客様に対し可視化されたデータを定量的にご提供できること、3つ目は、ドライバーの動きをリアルタイムで把握できることでした。トライアル期間があったことは、とても助かりました。業務で車両が動いているということはリスクを背負っていますので、少しでもそれを軽減できるということも、導入のきっかけのひとつでした。

現在は、デバイスごとの特性を理解しながら、危険挙動が報告されているデータに対し、私たちがどのように自己啓発を推進していくのか?という点について探っています。

スタッフィング事業本部 DR事業部 部長 雲戸 隆使 様

お客様に「安全という付加価値」を提供するため、社内環境も同時に整備

次のフェーズは、当社とお取引があり、ご要望のあるお客様に対し「安全レポート」といったデータを提供することを考えています。併せて、そのための環境整備も行っています。これらは、自動車運転業務における「付加価値」になりうるサービスだと思います。

スタッフィング事業本部 DR事業部 所沢支店 支店長 狩野 政典 様

我々、人材派遣サービスを行う企業の最も重要な業務は「人材を提供する」ことです。それ以外の付加価値がないかと考え、お客様にアンケートを取ると「人材(ドライバー)を提供して欲しい」というご要望と同じくらい「事故がない」ことを大事にしている要素だということが分かりました。これからは、従来業務に加え「安全を提供する」ことが必要になるのではないかと考えています。それらを実現するために、日々の管理業務以外にも、場合によってはデータなどをダッシュボード化する必要があるかもしれません。

いずれにしても、私たちがこのCariotへの理解度のボトムをあげていかなければいけないと思っています、Cariotによい機能があっても、お客様に対してよいサービスをご提供できなくなってしまいます。ですからそのCariot活用のための研修を行いつつ、同時に社内のインフラも整備しています。

お客様のご要望に合わせたデータのカスタムをしていきたい

今後の展望については、ひとつは労務管理の軽減が挙げられます。現在はメールなどで派遣スタッフの出退勤の管理をしたり、スタッフのシフトは別のツールで作成して対応しています。そういった業務の負担を軽くしていくことを考えています。また、Cariotを利用することで、派遣スタッフの報告業務などの負担も減るかもしれませんし、道に迷うなど何か困ったことがある際、システム上で地図を見ながら誘導するなど、我々がサポートする体制をつくることができるのではないかと考えています。

その他に、お客様ごとに要望を取り入れながらカスタムするなど、柔軟に対応していけたらよいのではないかと考えています。また、お客様ごとに欲しい情報は変わってくるかもしれませんので、そこまで細やかな対応が可能になれば、より素晴らしいと思います。

  • 事故削減、輸送遅延削減など
    車両管理に関するノウハウ資料

    1. Cariot製品パンフレット、料金資料、10社の導入事例集

    2. 災害、道路渋滞発生!輸送遅延に素早く対応するCariot活用術

    3. 社用車の事故削減方法「危険運転70%減を実現」

    4. 取引停止! イメージ失墜! 損害賠償!社用車による事故を防ぐには?
    など、車両管理に役立つPDF資料がダウンロードできます。

    どんな資料なのか
    確認してダウンロードする
  • まずは2週間
    無料で試してみる

    無料トライアル

    2週間無料お試し
Page top