ドライブレコーダーのリアルタイム映像

リアルタイムで映像を使った
車両管理が可能

Cariotには、ドライブレコーダーが録画した運転映像をリアルタイムで確認できる機能があります。
危険運転の映像は自動的にシステムへ保存されるので、リアルタイムで映像を使った車両管理が可能です。
ドライバーが急加速や急減速などの危険運転をすると、運転映像がシステムに自動保存され、
パソコンの画面で閲覧できるようになります。映像は管理者へメールで送られ、タイムロスなく確認ができます。

また、ドライバーは事故発生時、緊急通報ボタンを押すことで前約6秒、後約4秒の動画がシステムに自動保存されます。
システムに保存された映像は、「ドライバーによる通報」イベントとして地図上で確認が可能。危険運転の映像だけでなく、
事故の発生場所や事故の発生日時も表示され、事故の状況が把握できます。

そのほか、急加速・急減速や急ハンドルを検知した際、管理者にメールで通知する機能もあります。

リアルタイム映像で
確認できるメリット

事故現場へ行く前に状況を把握できるほか、ドライバーの安否状況が映像で確認しやすいというメリットがあります。
ドライブレコーダーによっては、レコーダー内のSDカードを抜いてパソコンに差して映像を観る必要がありますが、Cariotではその手間が不要です。遠隔地で起きた事故でも会社のパソコン画面ですぐに確認できます。

運転映像によって、前後にいる車のナンバーや運転の様子、事故が発生した時の道路状況がわかることも大きなメリットです。ドライブレコーダーが記録した映像は事故原因の特定や過失割合の確認材料として利用できるので、事故後のスムーズな対応にも役立ちます。

その他の機能一覧

到着時間を相手に知らせたい

Cariotと連携したい

車両管理のノウハウ資料
Page top