到着時間の予測

顧客からの問い合わせ
対応や配車管理がスムーズに

Cariotには設定した運行ルートをもとに、車両の到着時刻を予測する機能があります。
車両の到着時刻は関係者で共有できるので、
「いつ到着するのか」という顧客からの問い合わせ対応や配車管理がスムーズに行えるようになります。

到着予測機能

リアルタイムで車両の位置情報を取得し、走行速度や道路の渋滞状況、設定した運行ルートをもとに到着時刻を予測します。車両が目的地に近づくと、Google マップ上に「目的の到着時刻は10時25分です」「目的地まであと15分です」などのアラートを表示します。

このほか、車両管理担当者は「ルート監視」表示機能によって、以下の項目が確認できます。
・車両名
・ルート名(自分で設定したルート名)
・車の状態と出発時刻・到着時刻
・次の拠点(訪問先、配送先)
・到着予定時刻

目的地近くの
車両を確認

Google マップ上に複数の車両を表示できるので、どの車両がどの場所にいるのかがひと目でわかります。配送先付近にいる車両の運行状況が一度に把握できることで、遅延などのトラブルもいち早く発見できます。

到着予測による
メリット

到着予測機能を活用するメリットは、到着予定時刻の問い合わせがスムーズになるだけではありません。さまざまな業種において、運行管理の効率化や利便性向上に役立ちます。

・建設・工事現場では、車両誘導が効率的に行える(現場出入り口付近の路上駐車を解消)。
・物流サービスでは、配送側と荷受け側の「待ち時間」が削減できる(荷捌きスペースの確保)。
・送迎サービスでは、利用者の不安を軽減できる(「車はいつ来るのか」という不安 。
上記のほか、営業車の運行や緊急を要する車両の運行など、さまざまな業種で到着予測のメリットを実感いただけます。

その他の機能一覧

到着時間を相手に知らせたい

Cariotと連携したい

車両管理のノウハウ資料
Page top