駐車イベントマップ

マップ上で車両の駐車状況を
視覚的に把握できる

Cariotには車両が待機・滞留している場所をマップに表示する機能があります。
これは駐車している車両及び台数、駐車時間や場所の履歴が分かるものです。
マップ上に、駐車している車両台数の書かれた印が表示され、
どこに何台どのくらいの時間どの車両が駐車しているかが視覚的に分かります。
日にちや時間帯、駐車時間で区切って履歴を算出することが可能です。

駐車イベントマップ
機能を利用する
メリット

例えば1か月以内に作業現場に行って駐車したとして、何回現場に行ったのか、現場でどのくらい駐車していたのか(作業に時間がかかったのか)、それは誰なのか。これらが分かることで、従業員の労働状況の把握ができ、業務全体の分量調整や作業効率化につながります。

<営業車、モノの配送の場合>
どの従業員が行っても駐車している時間が長い現場があるとしたら、その現場での業務効率化をするのか、時間がかかるものとして業務分配やスケジューリングができます。また、同じ現場でも従業員によって駐車時間が異なる場合は、現場での技術的な問題があると仮定して技術の共有化などの動きが取れます。

<ルート配送の場合>
駐車台数がマップ上に出るので、特定のエリアに固まっているようであれば配送ルートを変更して時間のかからない最適なルートを選ぶことができます。問題の場所を特定することで、迂回ルートの検討やオペレーションの改善など、適切な対策がたてやすくなります。

その他の機能一覧

到着時間を相手に知らせたい

Cariotと連携したい

車両管理のノウハウ資料
Page top