車両管理台帳

車両情報をシステム上で
一元管理

Cariotには「車両管理台帳」機能があります。
車両情報をシステム上で一元管理することにより、情報管理の精度向上と業務の効率化を図ります。

車両管理台帳機能の概要

Cariotの車両管理台帳は、自社保有・リース契約のどちらであっても、車両管理に必要な項目(車両名、車種、車検証情報、車検履歴、保険情報、リース先情報など)を登録できるほか、自社の管理に必要な項目があれば約400項目増やすことができます。

また、登録情報をもとにした集計機能、自動通知機能、フリーワード検索機能など、車両管理を効率化する多彩な機能が備わっています。

高い汎用性と利便性を備えたCariotの車両管理台帳を利用することで、自社の運用に合わせた効率的な車両管理が可能です。

管理業務を効率化

車輌管理台帳をシステム化することで、以下のような車両管理業務を効率化できます。

  • 情報登録・更新の省力化(データ精度のアップ~入力漏れの防止、同時作業によるコンフリクト防止など~)
  • 車両メンテナンスや集計作業にかかる手間を軽減
  • 複数拠点にある車両の一元管理
  • 免許切れ、車検切れなどの情報管理漏れの防止(更新期限が近づくと自動通知)
  • 総走行距離に応じて償却対象の車両を抽出
  • NOx・PM法の計画書に沿ったレポート生成も可能

上記は一例ですが、アナログ作業で起こりやすいミスを防ぎ、必要な情報にすばやくアクセスできることで、車両管理担当者の負担を減らします。

車両コストを削減

Cariotの車両管理台帳は単なる車両情報管理にとどまりません。車両の稼働状況を把握することで車両台数を減らし、車両コストの削減が可能になります。燃料費や保険料など車両管理コストの削減にもつながります。

リスク管理をサポート

車両管理台帳をシステム化すると、車両のリスク管理がしやすくなります。走行距離、車検満了日が近づいた車両の一覧、複数拠点で使用していた車両の車検整備履歴などの情報を画面で確認できます。

さらに、登録情報をもとにした「自動通知機能」があり、走行距離に応じたタイヤ交換の時期、車検や免許更新の時期などを知らせてくれるので、車両に関する管理漏れが防げます。

BCP(事業継続計画)策定をサポート

自然災害の増加に伴い、大企業はもちろん中小企業においてもBCPの策定が求められています。被災後も事業を継続するためには、従業員の安全や会社の資産を守ることが必要です。車両情報をデータベース化することで目的に合わせた集計が容易になり、BCP策定の際、リソース分析がしやすいというメリットがあります。

その他の機能一覧

到着時間を相手に知らせたい

Cariotと連携したい

車両管理のノウハウ資料
  • 事故削減、輸送遅延削減など
    車両管理に関するノウハウ資料

    1. Cariot製品パンフレット、料金資料、10社の導入事例集

    2. 災害、道路渋滞発生!輸送遅延に素早く対応するCariot活用術

    3. 社用車の事故削減方法「危険運転70%減を実現」

    4. 取引停止! イメージ失墜! 損害賠償!社用車による事故を防ぐには?
    など、車両管理に役立つPDF資料がダウンロードできます。

    どんな資料なのか
    確認してダウンロードする
  • ご質問/資料請求は
    こちらからお願いします

    03-6869-2662

    03-6869-2662

    営業時間 10:00〜18:00
    (土日祝日を除く)

    資料請求・お問合わせ
Page top