GPSによる動態管理

GPSによる動態管理(スマホやドライブレコーダー活用)

CariotにはGPSによって取得された位置情報をもとに、リアルタイムで動態管理を行う機能があります。
車両の現在位置や運行状況が可視化され、運行管理や労務管理の効率化に役立ちます。

GPS(位置情報)を
使った動態管理機能
の概要

車載デバイスを通じて取得される車両の位置情報をCariotのシステムに送信し、車両の現在位置と運行状況がシステムの画面上で確認できるようになります。

車両の位置情報は3秒ごと(ドライブレコーダーは1分ごと)に送信され、車両が「いま、どこに、どのような状態でいるか」が、Google マップ上に表示されます。
走行中なのか、停止しているのか、どの方角へ走っているのかなどの情報が可視化されると、運行ルートの管理やドライバーの安全管理がしやすくなります。

GPSによる動態管理
のメリット

車両の走行位置をリアルタイムで把握することで、現在位置や到着時刻の共有・問い合わせにもスムーズに対応できるようになります。デバイスを通じて長時間停車や危険運転(急加速・急減速)なども自動検知され、事故発生など緊急事態の早期発見が可能です。

また、車載デバイスがドライブレコーダーの場合、イベント(危険運転)発生前後の動画を位置情報とともにリアルタイムでサーバーへアップロードしてくれます。事故が発生した場合、管理部門の方がパソコンで映像が確認できるので、すばやい状況把握が可能になります。

GPSによる動態管理を行うと、運転者は“見られている”という意識を持つようになり、危険運転の抑止や事故の減少につながります。

その他の機能一覧

到着時間を相手に知らせたい

Cariotと連携したい

車両管理のノウハウ資料
Page top