ドライバー情報管理

ドライバーの可視化で業務
効率化とリスク管理を実現

Cariotでは、ドライバー情報をシステムで管理する機能があります。
ドライバー情報の可視化により、業務の効率化だけでなくリスク管理もしやすくなります。
氏名・年齢・所属部署・免許証情報(有効期限、免許の種類、免許の条件、免許証の画像)
・緊急連絡先など、ドライバーの基礎情報をシステムで一元管理します。
デフォルトの設定項目に加えて、自社に必要な項目があれば約400項目増やすことも可能です。

管理業務を効率化

情報登録の省力化とともに、免許の更新忘れなどの情報管理漏れを防止します。免許の有効期限が切れる数カ月前にアラートメールが届く設定をしておけば、余裕を持った対応ができます。
また、本社以外にも支社や営業所がある場合、複数拠点にいるドライバーを一元管理することで、各拠点における管理業務を低減。管理業務全体の効率化が実現できます。

適切な労務管理

Cariotでは車を走らせるだけで、出発時刻・走行時間・到着時刻・停車時間・走行距離などの情報がリアルタイムでシステムに保存されます。
さらに、システムに保存された走行情報はドライバー別にグラフ化されるので、休憩をとらずに長時間運転をしていないか、連続して長距離を走り続けていないかなど、リアルな運行状況が把握できます。ドライバーの運行情報を可視化することで、適切な労務管理が可能です。

BCP(事業継続計画)の
策定をサポート

BCPは被災後の早期復旧を目指し、事業を継続させるための計画ですが、それにはまず従業員の安全確保が大切です。Cariotを利用すると、車両で移動しているドライバーの現在位置をリアルタイムで確認できるので、災害が発生した場合も従業員の安否確認がしやすくなります。
また、車両情報のデータベース化によってリソース分析がしやすくなり、BCPの策定に役立ちます。

その他の機能一覧

到着時間を相手に知らせたい

Cariotと連携したい

車両管理のノウハウ資料
Page top