DriveCast-位置情報の共有

位置情報の共有

Cariotには、車両の位置情報をさまざまな人と共有できるDriveCast機能があります。
一般の人にも共有できるので、車を待つ利用者の「どこにいるの?」「いつ来るの?」というストレス軽減に役立ちます。
Google マップ上で車両の位置を確認できます。
車両の位置を表示するページのURLを発行したら、共有したい相手にURLを連絡するだけです。
管理画面が閲覧できない人も利用可能。
セキュリティを強化したい場合は、共有期間やパスワードが設定できます。

DriveCastで共有するページは、PC、タブレット、スマホの各デバイスに対応しているので、外出先でも確認が可能です。

DriveCast機能を
使ったサービス例

DriveCast機能を使うと、下記のようなサービス展開ができます。

ホテルや施設のバス送迎サービス
DriveCastのURLをQRコードにして、バスの時刻表やパンフレットに掲載できます。バスが現在どこを走っているのか、あと何分くらいで到着するのかわかるので、バスを待つ利用者のイライラが軽減できます。

介護サービス
介護施設・訪問介護の利用者のご家族に車の現在位置を共有できます。車両の到着時刻にあわせて準備することができますし、何時頃到着するのかわかることで安心してもらえます。

配送サービス
配送先の担当者に車両の現在位置を共有することで、お互いに無駄な待ち時間を減らせます。到着時刻が予測できると、荷受け側は事前に荷捌きスペースの確保ができ、配送側は到着してすぐに荷降ろし作業に始められます。また、到着時刻の問い合わせやクレームの削減にも役立ち、配送業務全体の効率化につながります。

その他の機能一覧

到着時間を相手に知らせたい

Cariotと連携したい

車両管理のノウハウ資料
Page top