DriveCast-位置情報の共有

位置情報の共有

Cariotには、車両の位置情報をさまざまな人と共有できるDriveCast機能があります。

DriveCast機能の概要

Google マップ上で車両の位置を確認できます。車両の位置を表示するページのURLを発行したら、共有したい相手にURLを連絡するだけです。管理画面が閲覧できない人も利用可能。
セキュリティを強化したい場合は、共有期間やパスワードが設定できます。
DriveCastで共有するページは、PC、タブレット、スマホの各デバイスに対応しているので、外出先でも確認が可能です。

利用例:配送

配送先の担当者に車両の現在位置を共有することで、お互いに無駄な待ち時間を減らせます。到着時刻が予測できると、荷受け側は事前に荷捌きスペースの確保ができ、配送側は到着してすぐに荷降ろし作業に始められます。また、到着時刻の問い合わせやクレームの削減にも役立ち、配送業務全体の効率化につながります。

利用例:ホテルや施設のバス送迎サービス

DriveCastのURLをQRコードにして、バスの時刻表やパンフレットに掲載できます。バスが現在どこを走っているのか、あと何分くらいで到着するのかわかるので、バスを待つ利用者のイライラが軽減できます。

利用例:介護サービス

介護施設・訪問介護の利用者のご家族に車の現在位置を共有できます。車両の到着時刻にあわせて準備することができますし、何時頃到着するのかわかることで安心してもらえます。

その他の機能一覧

到着時間を相手に知らせたい

Cariotと連携したい

車両管理のノウハウ資料
  • 事故削減、輸送遅延削減など
    車両管理に関するノウハウ資料

    1. Cariot製品パンフレット、料金資料、10社の導入事例集

    2. 災害、道路渋滞発生!輸送遅延に素早く対応するCariot活用術

    3. 社用車の事故削減方法「危険運転70%減を実現」

    4. 取引停止! イメージ失墜! 損害賠償!社用車による事故を防ぐには?
    など、車両管理に役立つPDF資料がダウンロードできます。

    どんな資料なのか
    確認してダウンロードする
  • まずは2週間
    無料で試してみる

    無料トライアル

    2週間無料お試し
Page top