送迎車の運行管理

現在位置や到着予定時刻を
可視化

介護施設や観光業、また近頃増えているハイヤーなどの送迎サービスを提供している場合、
「いま車はどこにいるのか」「何時に到着するのか」という運行情報の把握は非常に重要です。
Cariotを導入すると、送迎車の現在位置や到着予定時刻が可視化されます。
車両の最適な移動管理が可能になり、送迎サービスの利用者へ“安心感”という付加価値も提供できます。

送迎車の位置や到着
予定時刻をお知らせ

Cariotには、送迎サービスの利用者に、送迎車の現在位置や到着予定時刻をお知らせする機能があります。送迎車が遅延している場合であっても、到着するタイミングに合わせて行動できるので、利用者は長い時間待たされることへのストレスが軽減されます。

また、送迎車の管理者は車両の運行状況をリアルタイムに把握(専用デバイスから3秒に1回情報を発信)。ドライバーへの確認回数が減り、業務の可視化や効率化にもつながります。

停車時間の記録

車両の現在位置や運行状況のほか、停車時間も記録されます。訪問介護サービスに活用する場合、停車時間を把握することで長時間の居宅内介助が行われていないかどうか、確認ができます。
そのほか、ホテルや商業施設の送迎サービスの場合も、指定外の場所で停車していないか、乗降に時間がかかり過ぎていないかなど、運行管理に活用できます。

送迎時刻の記録

送迎サービスの利用者が指定した場所への到着時刻を、毎回記録します。それによって、過去の履歴をもとに到着予定時刻をお知らせすることも可能です。経験則がデータとして貯まり社内で共有もできるので、サービス向上にもつながります。

安全運転の指導

急加速や急減速、速度超過などが運転中に何回あったのか、運転情報がリアルタイムで記録されます。危険運転が多いドライバーに対しては、記録されたデータをもとに安全運転の指導ができます。口頭での注意とは異なり、具体的な数値を提示することでドライバーが自分の運転を認識しやすくなり、指導後の数値が維持できるようになります。

送迎中の
トラブルを防止

インカメラ付きのドライブレコーダーなら、車外だけでなく車内も録画できます。管理者が送迎車内の様子を把握できるようになり、送迎中のトラブル防止に役立ちます。
万が一何らかのトラブルが発生した場合、録画された映像はエビデンスとして利用できます。

その他の導入メリット

導入メリット一覧へ戻る
車両管理のノウハウ資料
Page top