物流・配送・
トラック車両の
運行管理

配送業務の効率化やコスト
削減、ドライバーの
労務管理が可能

物流・配送サービスの場合、配送ルートの最適化や走行時間・燃料費の削減は大きな課題といえます。
Cariotを導入すると、車両の運行が“見える化”されるので、配送業務の効率化やコスト削減、
ドライバーの労務管理が可能になります。車載デバイスは取り外しが簡単なため、傭車にも使えます。

待ち時間の短縮

ルート配送では、配送が遅延する要因(渋滞、ドライバーによる積み荷・荷降ろし作業など)が多いことから、到着時刻が予測しにくく配送先への到着も遅れがちです。
また、ショッピングモールの場合、店舗から荷受場所までの距離が100m以上あることは珍しくないため、店舗担当者が荷受場に到着するまで配送トラックの待ち時間が発生することもあります。

Cariotの車両到着予測機能を共有すれば、店舗側は到着時刻に合わせて荷捌きスペースを確保でき、それによって配送側も荷降ろし時間の短縮を図ることが可能です。
荷物を配送する側・受ける側両方の待ち時間を削減することで、ムダのない物流が実現できます。

配送記録の自動化

出発時刻・到着時刻、出発場所・到着場所などの情報が自動的に記録されるので、配送ドライバーにとって負担となる配送記録業務を軽減できます。
配送記録業務にかかる時間を1人当たり毎日30分 とした場合、1カ月で10時間の工数が削減できることになります。昨今問題になっている配送ドライバー過重労働への一助にもなります。

配送ルートの最適化

車両がどこを走っているのかリアルタイムで把握できるので、迂回ルートの検討や運行状況に合わせたルート変更の指示など、配送ルートの最適化が行えます。さらに、熟練ドライバーの効率的な配送ルートを新人ドライバーに教えることで、配送全体の業務効率もアップ。ドライバーが指定したルート通りに走っているかどうかも確認できます。

配送計画の改善

運行状況が可視化され、到着予定時刻が予測できるようになることで、さまざまなメリットが得られます。
まず、実際の運行状況に即した配送計画が作成できるので、配送遅延を減らすことができます。配送遅延が発生した場合は、配送遅延の理由が道路渋滞なのか、ドライバーの運転によるものか、積み荷・荷降ろし時間が長かったのかなど、可視化された情報をもとに判断することも可能です。それによって、配送計画の改善につなげることができます。

不要車両の削減

車両の配置数と稼働数、稼働時間がグラフで表示され、稼働状況がひと目でわかるようになります。稼働率の低い車両が特定しやすくなり、不要車両の削減が可能です。

危険運転の防止

急加速・急減速、速度超過など危険運転の情報を車両ごと、ドライバーごとにリアルタイムに検知し、グラフで表示します。可視化された情報をもとに危険運転が多いドライバーに対して安全運転の指導を行い、危険運転の防止に役立てることができます。
また、運転時間、走行距離、停車時間が記録されるので、長時間運転や休憩なしの運転をしていないかなどがわかり、労務管理もしやすくなります。

その他の導入メリット

導入メリット一覧へ戻る
車両管理のノウハウ資料
Page top