危険運転防止

危険運転の情報を自動検知・集計

車両管理では、車両情報だけでなくドライバーの運転も管理する必要があります。
適切な車両管理は大切な従業員の命を守るほか、事故に伴うさまざまなリスクの発生を回避します。
事故を防ぐためには、運転状況を把握することが必要です。
Cariotを導入すると、運転状況がリアルタイムで把握できるようになり、危険運転の防止につながります。

危険運転の防止を
課題とする企業は多い

2019年の「総務・人事・経理ワールド 2019 名古屋展」で実施したフレクトの独自アンケートでは、車両管理における現状の課題として「危険運転の監視・削減」を挙げた企業が全体の29.2%を占めていました。
「事故削減」を挙げた企業も7.3%あり、両方合わせると全体の35%以上の企業が車の運転に関する課題を抱えていることがわかります。

危険運転の防止

車に取り付けた車載デバイスが急加速・急減速、速度超過、急ハンドルなどの危険運転を検知するほか、長時間停車位置や連続運転時間、アイドリング時間も記録します。
これらの運転情報はドライバー別・部署別などさまざまな指標でグラフ化され、危険運転の多いドライバーを特定したい時に役立ちます。

安全運転の指導をする際、口頭での指導や短期的な指導では効果が続かないというケースが少なくありません。一方、Cariotでは具体的な数値をもとに安全運転の指導ができるので、ドライバーが自分の運転を認識しやすくなり、危険運転の防止につながります。

営業車の事故防止

事故を起こしてしまった場合、事故の相手側に対する賠償責任のほか、事業免許取り消しなどの行政処分が生じるリスクもあり、企業にとってはイメージダウンにつながりかねません。そのため、事故を防止するための安全運転管理は非常に大切です。

ある企業では、営業車にCariotを導入することで危険運転の挙動が大幅に減少し、それに比例して事故の発生率が前年比31%削減した例もあります。

営業車による事故を防止することは従業員の命を守り、さらにコンプライアンス順守などのトータルリスクマネジメントにもつながります。

ドライバーの意識向上

車載デバイスを取り付けると、ドライバーは常に“見られている”という意識を持ち、安全運転を心がけるようになります。また、急加速・急減速などの危険運転がリアルタイムで視覚化されるため、安全運転の指導後も改善された数値を維持できるようになります。

その他の導入メリット

導入メリット一覧へ戻る
車両管理のノウハウ資料
Page top