車両費のコスト削減

車両の稼働状況を可視化して把握

事業の規模にかかわらず、車両費のコスト削減は経営上大きなメリットがあります。
しかし、車両管理をアナログ作業で行っている場合、実際の稼働状況を把握することは難しいといえるでしょう。
車両費のコストを削減するためには、車両の稼働状況を正確に把握できる管理システムの導入が有効です。
Cariotを導入すると、リアルタイムで車両の稼働状況が把握でき、車両費のコスト削減が実現できます。

稼働状況の把握に
より車両台数を削減

アナログ作業で車両管理をしていると、どの車両がどれくらいの頻度で使用されているのかわかりにくく、稼働状況を把握するのは容易ではありません。支店や営業所など複数拠点で車両管理を行っている場合はなおさらでしょう。

Cariotでは車両の配置数と実際の稼働数がグラフ化され、稼働率がひと目でわかるようになっています。稼働状況の推移を見ることで最低限必要な車両台数を算出し、車両台数を削減することができます。

車両管理に関する
コストを削減

車両をリース契約している場合はリース費、燃料費、駐車場代などがかかりますし、自社で車両を所有している場合は、上記以外にも車検・整備費など車両の維持管理に多くのコストがかかります。
車両の稼働状況が可視化されると、不要な車両を削減できると同時に車両管理に関するコストも削減可能です。

自動車保険料を削減

車両の台数が多ければ多いほど、自動車保険料のコストもかさみます。事故を起こすと保険料が高くなるので、車両管理では事故を防止する安全対策や指導が欠かせません。
Cariotには危険運転を検知する機能があり、ドライバーごとの運転情報がグラフで表示されます。危険運転の多いドライバーに対して安全運転を指導し、事故を減らすことで、自動車保険料も削減できるようになります。

その他の導入メリット

導入メリット一覧へ戻る
車両管理のノウハウ資料
  • 事故削減、輸送遅延削減など
    車両管理に関するノウハウ資料

    1. Cariot製品パンフレット、料金資料、10社の導入事例集

    2. 災害、道路渋滞発生!輸送遅延に素早く対応するCariot活用術

    3. 社用車の事故削減方法「危険運転70%減を実現」

    4. 取引停止! イメージ失墜! 損害賠償!社用車による事故を防ぐには?
    など、車両管理に役立つPDF資料がダウンロードできます。

    どんな資料なのか
    確認してダウンロードする
  • まずは2週間
    無料で試してみる

    無料トライアル

    2週間無料お試し
Page top