車両の資産管理

管理作業の負担も大きい資産
管理の手間を軽減

車両は動く資産であり、移動に伴い管理する情報(走行距離、走行時間など)が変動するため、
管理しにくい資産のひとつといえます。また、車両は事故発生の可能性があることから、コスト管理だけでなくリスク管理も必要です。
車両台数が増えると管理作業の負担も大きくなりますが、Cariotを導入することで車両の資産管理にかかる手間を軽減できます。

車両管理台帳の
自動化

複数拠点で車両を使用している場合、支店や営業所ごとに車両管理をしていると、全体的な資産管理がしにくいというデメリットがあります。
車両管理台帳を一元管理することで、年間の車両維持費(燃料費、駐車場代、車検・整備費、保険料、自動車税、リース費)などのコストが把握しやすくなり、コスト削減に役立ちます。

また、総務・経理部門が行っている各種集計作業が自動化され、アナログ作業と比べて管理業務の効率が大幅にアップします。

稼働状況の把握

車両の予約と運行状況が連動することで、車両のリアルな稼働状況が把握できるようになります。配置台数と稼働台数の差が可視化され、不要な車両の再配置や削減、リース契約の見直しが可能です。

盗難・紛失防止

GPS機能で3秒ごとに車両の位置情報が更新されるので、高価で資産価値の高い車両や盗難被害にあいやすい車両の管理に活用できます。長期間リース先にある車両が適切に運用されているのか確認したい時にも便利です。

また、車両の稼働範囲を指定して、指定範囲外へ移動した車両があればアラートメールで通知してくれるので、盗難・紛失防止にも役立ちます。

走行データをもと
にしたリスク管理

車載デバイスを通じて、急加速・急減速、速度超過、長時間運転などの危険運転を検知します。ドライバーごとの運転状況を確認し、危険運転が多いドライバーに対して安全運転を指導することで、事故発生のリスクを低減します。
また、ドライバーが「見られている」という意識を持ち、安全運転を心がけるようになることから、事故抑止にも効果があります。
事故の発生を防ぐことは、コンプライアンスの順守と従業員の安全管理にもつながり、総合的なリスク管理が実現できます。

その他の導入メリット

導入メリット一覧へ戻る
車両管理のノウハウ資料
Page top