導入メリット

営業車両管理の場合

これまでの課題

  • 使われていない車両を減らしたい
  • 事故が多くて、対応コストを下げたい
  • 業務外利用によるトラブルを避けたい

Cariotで解決

  • 車両数を30%削減できる
    • 部門ごとの車両稼働率、同時最大稼働数の見える化に間違いなく不要な車両数が明確に分かる。 ※ ある事例の場合。お客様により効果に差異はございます。
  • 事故を大幅に削減
    • 急加速、急ブレーキの検知により、見える化により運転指導を行い、事故を削減。
    • 「見られている」というドライバーの意識により、運転の安全性向上。
  • 業務外利用によるトラブルを避けたい
    • 業務外利用の検知で大きなトラブルを削減。
    • ジオフェンス機能により、業務外エリアでの運転を自動検知、アラート。業務外利用の削減。

ルート配送の場合

これまでの課題

  • 店舗の人が、いつ商品が配送されてくるのか、わからない
  • 本部人に、配送状況の問い合わせがたくさんくる
  • 配送記録の管理が面倒

Cariotで解決

  • 「もうすぐ到着」が分かる
    • 配送車の状況がリアルタイムにマップ上で分かる。
    • 店舗の人に「もうすぐ到着」のアラートが来るので、積み荷、荷降ろし準備が事前にできて、業務スピード、時間あたりの配送量がアップする。
  • 「いつ来るの?」が減る
    • 本部に「いつ来るの?」の問い合わせが減る。
    • 店舗の人も問い合わせや確認時間が減る。
  • 配送記録が自動で作れる
    • ジオフェンス機能で、いつどこのお店についたかレポートできる。
    • Excel連携して報告書も自動化!

建設、資材運搬車両

これまでの課題

  • 積み荷、荷降ろし時間を短くしたい
  • 工事車両が通って良いルート以外を走ってほしくない
  • 車両がいつくるかわからず、出入り口の鉢合わせなど誘導が大変

Cariotで解決

  • 積み荷、荷降ろし時間短縮と運搬量の増加
    • 車両の「もうすぐ到着」がアラートで分かるため、積み荷、荷降ろしの準備が事前にでき作業時間≒車両の止まっている時間を短縮。
    • 車両が止まっている時間の短縮ができるので、結果として走行時間・距離のアップ、すなわち車両1台あたりの運搬量が増加します。
  • ルート外走行の検知、走行記録のエビデンスの自動取得
    • 工事車両が予定ルート以外を通った場合、自動的に検知し、管理者やドライバーにアラートできます。
    • 予定ルート通りに走ったことをデジタルデータとして自動的に保存できるので、申請ルート通りに走った報告書の作成などもカンタンにできます。
  • 大型車両の安全な誘導ができる
    • リアルタイムに車両の位置が分かり、目的地に「もうすぐ着く」のアラートの受信もできるので、ガードマンが見えない車両の場所も把握しながら、安全な車両誘導ができます。
    • たとえば、工事現場の狭い出入り口での鉢合わせの回避誘導がカンタンにでき、現場の安全に貢献します。

外部委託車両の管理

これまでの課題

  • 物流において一部の配送を需要の変動にあわせて外部委託しているが、都度、業務を依頼するため管理できていない
  • 外部委託の車両は自社のオンプレミスの車両管理システムにつなぎたくない

Cariotで解決

  • 付け替えカンタン、業者が変わってもその日から管理できる
    • デバイスを取り付けたら、すぐにアプリケーションにつながるので、外部委託の配送をお願いしたその日から運行管理ができます
    • 終わったら取り外して、また別業者に渡して管理をすることができます。

気になったら、まずはお試し

無料トライアル

この手軽さを、ぜひお試しください!