導入メリット

車両管理台帳・免許管理など基本的な機能から、動態管理・ルート配送・資産管理など高度な機能まで
お客様の台数・習熟度・目的・用途に応じてCariotはトータルにサポートします。

  • 車両管理台帳の場合

  • 経営者向け

  • 管理者向け

  • ドライバー向け

これまでの課題
① 免許期限・車両リース期限の入力・更新処理などの運用がバラバラで、更新漏れがないか気になる

管理台帳がエクセルで複数人による多重管理になっている。更新漏れや期限切れ検知ができないのが不安。

② 事務所・部署毎の車両台数を把握できていない

部署間の車両の移動や配車の統制がとれず、管理や引き継ぎが大変。

③ 整備や交換など、車両の履歴が追えていない

整備や交換の履歴・証書等が各事務所でバラバラになっている。物理管理が限界。

Cariotでの解決法
① 免許期限・車両リース期限を一元管理

免許期限・車両リース期限を管理し、メールアラートで期限前にお知らせします。(例:期限切れの3ヶ月前に担当者へ自動通知が可能。)

② 事務所・部署毎の車両台数をダッシュボードでカンタンに管理

部署間の車両の移動、ドライバーの管理も1つのクラウド環境でカンタンに一括集計。見やすいダッシュボードで眺めるだけの車両管理を実現します。

③ 車両の整備や交換履歴も複数人で見やすく共有

車両にメモやコメント、ファイルを添付可能で複数人で見やすく共有。頻繁に問題の起こる車両を注視して故障の予防検知も実現します。

料金の一例
  • 車両数
  • 700台
  • プラン
  • 管理者用ライセンスのみ
  • 月額利用料
  • 2000円/人 ×12名
  • 合計料金(月額)
  • 24,000円/月
導入事例
  • Coming Soon
  • Coming Soon
  • 営業車両の場合

  • 経営者向け

  • 管理者向け

  • ドライバー向け

これまでの課題
① 車両の利用実態を明らかにし、使われていない車両を減らしたい

10台に1台は1週間に1度もエンジンがかからない車両です。駐車場やリースのコスト、無駄になっていませんか?

② 事故が多くて対応コストを下げたい

保険料のアップ・修繕費の負担だけでなく、事故の事務手続きや心理的な不安、会社のイメージに傷がつくことも大きな負担です。

③ 長時間利用・業務外利用によるトラブルを避けたい

ドライバーの乗車時間・走行場所の把握はしていますか? コンプライアンスを遵守の観点からお客さまから最もご相談を受ける内容です。

Cariotでの解決法
① 不要な車両を見つけ出し、車両数を30%削減

部門ごとの車両稼働率、同時最大稼働数の見える化機能があり、不要な車両数が明確に分かります。

② 事故を大幅に削減。ドライバーの自発的な安全運転を実現

急加速、急ブレーキ検知の見える化により運転指導を行い、事故を削減します。「見られている」というドライバーの意識向上により、運転の安全性も向上します。

③ 乗車時間の自動記録・長時間ドライブやエリア外のアラート機能でコンプライアンスを実現

走行時間・停車時間・アイドリング時間を自動記録するので、適切に休憩を入れているかが確認できます。長時間の走行や業務時間外、担当エリア外を走行したときにアラートメールで通知します。

  • 物流・配送車両の場合

  • 経営者向け

  • 管理者向け

  • ドライバー向け

これまでの課題
① 荷待ちの人が、いつ商品が配送されてくるのかわからない

渋滞や迂回により予定が狂うルート配送。待ち時間にちょっとした外出もできないなどの、荷待ちのイライラが発生している。

② 本部に、配送状況の問い合わせがたくさん来る

本部や事務所にドライバーの位置の問い合わせが多数寄せられていませんか?運転中のドライバーへの電話問い合わせは双方にコミュニケーションコストがかかります。

③ 配送記録の管理が面倒

訪問先の記録、出発・到着を記録するのは現場のドライバーに高負荷がかかっています。

Cariotでの解決法
① 「もうすぐ到着」が分かる

店舗の人に位置がリアルタイムで共有できるので、積み荷、荷降ろし準備が事前にできて、業務スピード、時間あたりの配送量がアップします。

② 「いつ来るの?」が減る

本部を悩ませる「いつ来るの?」の問い合わせが減ります。店舗の人も問い合わせや確認時間が減ります。

③ 配送記録が自動で作れる

ジオフェンス機能で、いつどこのお店についたか(出発・到着・滞在)がレポートできます。Excel形式での報告書も自動作成します。

料金の一例
  • 車両数
  • 100台
  • プラン
  • EM1 レンタル 管理者2名
  • 月額利用料
  • 2,980円/台×100台 
    1,200円/台×100台 
    2,000円/人 ×2名
  • 合計料金(月額)
  • 422,000円/月
  • 建設・資材運搬車両の場合

  • 経営者向け

  • 管理者向け

  • ドライバー向け

これまでの課題
① 積み荷、荷降ろし、待ち時間を短縮したい

現場では渋滞が日常的に発生しています。積み込み地点、荷降ろし地点での自然渋滞など、非効率が起こっていないでしょうか?

② 工事車両の、通行可能ルート以外の走行を防止したい

右折禁止や徐行など、定められた運搬ルートを走行しているか、管理できていますか?

③ 車両がいつくるかわからず、出入り口の鉢合わせなど誘導が大変

工事現場の出入り口の渋滞など、車両が集中することによる非効率化やトラブルにお悩みではないでしょうか?

Cariotでの解決法
① 積み荷、荷降ろし時間短縮と運搬量の増加

車両の「もうすぐ到着」がアラートで分かるため、積み荷、荷降ろしの準備が事前にでき、作業時間≒車両の止まっている時間を短縮できます。

② ルート外走行の検知、走行記録のエビデンスの自動取得

予定ルート通りに走ったことをデジタルデータとして自動的に保存できるので、申請ルート通りに走った報告書の作成などもカンタンにできます。

③ 出入り口での安全な誘導を実現

ガードマン、ドライバー同士でリアルタイムに車両の位置が分かり、目的地に「もうすぐ着く」のアラートの受信もできるので、ガードマンが見えない車両の場所も把握しながら、安全な車両誘導ができます。

料金の一例
  • 車両数
  • 100台
  • プラン
  • EM1 レンタル 管理者2名
  • 月額利用料
  • 2,980円/台×100台 
    1,200円/台×100台 
    2,000円/人 ×2名
  • 合計料金(月額)
  • 422,000円/月
  • 資産管理の場合

  • 経営者向け

  • 管理者向け

  • ドライバー向け

これまでの課題
① レンタル先で適切に利用されているか分からない

リース・レンタル期間が1年以上と長期になる場合、機器が適切に管理されているか把握できていますか?

② 盗難・紛失から守りたい

高価な建設機器は盗難・紛失のリスクが高くなります。指定した範囲内での使用を検知したいという要望があります。

③ 稼働状況が分からない

リース・レンタル先でどのように使用されているか、利用時間は適切であるかが分からず、無理な稼働が故障や摩耗の原因になる可能性があります。

Cariotでの解決法
① リモートでレンタル機器の位置や利用状況が分かる

機器の位置を把握し、適切な現場で管理・運用されているか管理できます。月次・週次のレポートもカンタンにできます。

② 盗難・紛失リスクの低減

定期的に位置を収集し、不適切・不審な移動がないか常時監視できます。指定した範囲外に機器が移動した場合に管理者にアラートメールで通知することも可能です。

③ 稼働状況が分かる

機器の稼働状況を把握し、適切な時間帯に使用されているか、消耗・故障の原因にならないかを常時確認できます。

料金の一例
  • 車両数
  • 200台
  • プラン
  • AS1 購入 管理者2名
  • 初期費用
  • 37,000円/台×200台 
  • 月額利用料
  • 1,580円/台×200台 
    2,000円/人 ×2名
  • 合計料金(月額)
  • 320,000円/月
導入事例
  • Coming Soon
  • Coming Soon