位置情報の把握・共有による輸配送業務効率化​

輸送遅延に素早く対応するCariot活用術

サプライチェーンの高度化により物流の効率化が進んだ半面、輸送遅延による企業の損失リスクは高まっています。本資料では、車両位置情報の把握と共有による輸送遅延対策の実例についてご紹介します。

こんな方におすすめ

  • 輸送遅延への対応策を検討されている方

  • 輸配送業務の効率化に取り組みたい方

  • 輸送車両の位置情報の把握・共有を実現したい方

 

資料をダウンロードする

*は必須項目になります

pagetop