お役立ち資料

「荷主・元請け事業者」と「傭車」のそれぞれが働きやすくなる

動態管理システムを使った傭車管理​

荷主や元請け運送事業者が、外部の委託業者(傭車)とともに業務を行う際にはメリットとデメリットがあります。そのデメリットを防ぐため、動態管理システムを導入することで現場への負荷を減らし、スムーズな傭車管理ができることをお伝えします。​

こんな方におすすめ

  • 企業の傭車管理の担当者の方

  • 傭車管理のデジタル化を進めたい方

  • 動態管理システムを活用した他社の例が知りたい方

*は必須項目になります

pagetop