車両管理レポート
作成

目的に合わせた車両管理
レポートの作成が可能

Cariotには車両台帳管理機能に加え、走行記録の自動保存により、
利用者別・部署別・車両別など目的に合わせた車両管理レポートの作成機能があります。
車両管理における「可視化」「コンプライアンス順守」「安全性向上」「生産性向上」に貢献します。

車両管理レポート機能

各営業拠点の車両台数、車検満了日が近づいた車両台数、車両ごとの燃料費や修理費など、目的に合わせた車両管理レポートの作成が可能。出力はエクセル形式またはCSV形式です。

車載デバイスを取り付けた車を走らせるだけで、車両ごとに以下のようなデータが自動的に記録されます。
・走行時間
・走行距離
・走行速度
・急加速・急減速の回数
・速度超過の回数
・停車時間
・アイドリング時間

これらの走行データをもとに、日単位、週単位、月単位、車両の種類ごと、部署ごとなど、さまざまな切り口からレポートが作成できます。エクセルでフォーマットをデザインできるエクセル帳票出力機能を使えば、従来使っていたフォーマットに合わせた車両利用報告書の作成も可能です。

レポート機能で車両
管理業務を効率化

車載デバイスを通じて正確な情報が記録されることで、アナログ管理で起きやすい入力漏れや入力ミスが減らせます。走行データの自動記録によって、運転者は日報の作成時間が削減でき、管理部門もデータクレンジングの作業がほぼ不要になります。

また、総走行距離をもとにした償却対象車両の抽出など、Cariotのレポート機能を使えば車両管理業務に必要な報告書が短時間で作成できます。
そのほか、深夜運転や長時間運転が多いドライバーを抽出できるので、労務管理のツールとしても活用できます。

業務改善のための
データ作成

車両走行データをレポート化することでこれまで見えてこなかった業務の無駄が発見できます。それを元に車両の再配置や運行計画の見直しなど実施できます。

その他の機能一覧

到着時間を相手に知らせたい

Cariotと連携したい

車両管理のノウハウ資料
Page top