車両管理システムCariotキャリオットの機能一覧

最も近くにいる車両を見つける、
到着時間を予測する

最も近くにいる車両を見つける、到着時間を予測する

ドライバーへの不要不急な連絡不要、シームレスなコミュニケーション

顧客の最も近くにいる車両を画面上ですぐ確認できます。運転中のドライバーが捕まらないなどのコミュニケーションロスを削減し、目的の車両を把握しすぐに配車手配ができます。リアルタイムな渋滞情報を地図上に表示して渋滞に捕まっている車両を確認することもできます。更に、巡廻ルート機能で次の目的地が設定されていれば到着時間が表示されます。周辺を走行しているクルマの状態がリアルタイムに地図上で把握できると、オペレータとドライバーの連絡効率がアップします。

                                                

自社で保有する適切な車両台数を調べて、無駄車両を無くす

自社で保有する適切な車両台数を調べて、無駄車両を無くす

稼働時間が短い車両を再配置、コスト削減が可能

例えば車両を50台保有していて、各拠点で常時何台の車両が走っているかご存知ですか? Cariotを利用すれば拠点ごとの車両が毎日・毎週・毎月どの程度利用されているかが自動的に可視化されます。 利用時間が短い車両や空車を最適配置し、季節ごとや繁忙期などの利用のピークをレンタカーやカーシェアに切り替えることで、不要な社用車を適切に削減しコスト削減をすることができます。車両に関するコストは車体だけでなく保険・駐車場・メンテナンスなどで年間数十万円になります。余分な車両がなかなか特定できない・空車が分からないなどでお困りのお客様はCariotのカスタマーサクセスがサポートしますので、ご安心ください。

                                                

ドライバーの情報を効率よく一元管理し、免許切れなどが起きないように運用する

ドライバーの情報を効率よく一元管理し、免許切れなどが起きないように運用する

ドライバーの免許期限切れ防止などのコンプライアンス管理も得意としています

数十名、数百名のドライバーの免許管理、どのように実施するかお悩みではないですか?Cariotでドライバー情報を一元管理すれば、例えば免許の更新期限の2ヶ月前に関係者にメール通知するなど、手動では漏れや見落としが発生する業務を自動化することができます。コンプライアンスに関わる情報管理コスト削減は、車両だけでなくドライバーの免許や保険についてもサポートします。

                                                

車両の整備・修理・点検履歴など
ドキュメント管理を効率よく一元管理する

車両の整備・修理・点検履歴などドキュメント管理を効率よく一元管理する

画像やファイルも添付できます。
車両の整備・修理・点検履歴を一元化しませんか?

車両に関する書類を紙で保管されているお客様が多くいらっしゃいます。いざというとき適切な書類がすぐに出てくるでしょうか? Cariotの画面上で整備・修理・点検履歴をメモ感覚で記録できます。画像やファイルも添付できます。書類の原紙や修理画像などを関係者間で共有し、移動や組織変更にも強い車両管理データベースが構築できるのが特長です。

                                                

急加速・急減速・急ハンドル・速度超過をドライバー、
車両ごとに自動集計し、数値を元に安全運転を強化する

急加速・急減速・急ハンドル・速度超過をドライバー、車両ごとに自動集計し、数値を元に安全運転を強化する

安全運転の取り組み成果が持続する理由があります

安全運転の取り組み成果が長続きせず、事故や違反が減らないというお悩みの声があります。年に数回の安全運転講習など実施した直後は効果が見込めますが、徐々にドライバーも慣れてしまうため、なかなか効果が持続しません。 Cariotでは急加速・急減速・急ハンドル・速度超過といった危険運転を、位置情報とともに記録し・レポート&ダッシュボードでドライバー毎の運転の傾向を可視化できます。 数値やグラフを元にドライバー毎に個別具体的なアドバイスを実施することで、危険運転が70%削減し、その効果が継続中というお客様もいます。安全運転の成果が持続するダッシュボードはお客様のご要望を元にカスタマイズも可能です。ぜひ効果をお試しください。

                                                

走行時の燃費・アイドリング時間を自動集計し、コスト削減&エコドライブを強化する

走行時の燃費・アイドリング時間を自動集計し、コスト削減&エコドライブを強化する

CO2排出量やエコドライブ指標もサポートします

走行時の燃費・アイドリング時間の短縮をドライバーの評価・目標に定めているお客様のため、CO2排出量やアイドリング時間、燃費といったデータもCariot上で管理することも可能です。 走行するだけでデータが溜まっていくため煩雑な集計は不要で、いつでもデータを取り出すことができます。目標を設定して組織でエコドライブに取り組むなどの用途にもご利用頂けます。 ※基準値の算出方法については個別にご相談させていただいています。

                                                

目的外の走行、路上駐車、不正な滞在や私的利用など、車両の不正利用を発見する

目的外の走行、路上駐車、不正な滞在や私的利用など、車両の不正利用を発見する

目的外の走行は保険適用外のケースも、不正使用はクレームなどにもつながり、企業のリスクにつながります。車両の利用を適正に保ちましょう

Cariotはいつ・どこを時速何kmで走ったかをすべて記録しています。データを元に停車時間の長い場所や、走行開始時間・走行終了時間が適正かを判断することができます。所定外の長時間の滞在や業務時間外の私的利用や深夜の走行など、クレームや危険運転の元となりやすい走行を発見し、改善指導・ドライバーの作業効率化に役立てることができます。

                                                

車を複数人のドライバーでシェア、車両の予約運用・走行実績管理をする

車を複数人のドライバーでシェア、車両の予約運用・走行実績管理をする

クルマの予約カレンダーと走行実績の自動記録を完備

車両を複数名でご利用の場合、予約枠の確保と実際の走行時間を確認できるスケジュール機能があります。予約時間内に走行したか、返却が遅延していないかが一覧で分かるので、空予約や延長防止にもつながります。使いたい車両がいつ帰ってくるか待つイライラは、予約状況と車両の現在置の確認で解消しましょう。

                                                

車両の現在地を社外の人やお届け先に共有して、
待ち時間などのイライラを解消する

車両の現在地を社外の人やお届け先に共有して、待ち時間などのイライラを解消する

位置情報リンクを手軽にLINEやメールで共有・使い方はいろいろ

車両の位置情報リンクを誰にでも共有できるDriveCast(ドライブキャスト)という機能があります。スマホ・タブレット・もちろんPCにも簡単に共有でき、多くのユーザにクルマの現在地をシェアすることができます。 シェアしたマップに有効期限を設定して、イベント開催中の1週間だけの運行バスのリンクを作成、パスワードを設定して現場関係者だけが安全に共有できるリンクを作成することも可能です。運送業の方はドライバーの位置を荷主に伝えることで荷待ち・荷受けのイライラを解消など、効率化につながります。

                                                

紙での車両利用報告書や集計業務を廃止し、
働き方改革を実現する

紙での車両利用報告書や集計業務を廃止し、働き方改革を実現する

手書きなどの書類や情報を集めるだけの作業はなくしましょう

車両に関する利用結果を紙での書類で保存したり、その情報をデジタル化する作業や、毎月手作業で集計したりしていませんか? Cariotを使えば、これまで手作業でやっていた報告書作成や集計業務を自動化することで 業務時間の削減が可能です。また、他の経費精算システムや勤怠システムとも連携することで、ガソリン代の支払いや勤務時間管理など、幅広く報告するだけになっている業務時間を低減することができます。また、レポートやダッシュボードを活用することで毎月の集計業務はなくなり、常に状況を把握することが可能になり問題の早期発見で攻めの対応が可能になります。削減した業務時間はより成果の出る業務に当てることで、働き方改革の実現をCariotがお手伝いします。

                                                

日々の配送業務の非効率を可視化し、ルート最適化により生産性をアップする

日々の配送業務の非効率を可視化し、ルート最適化により生産性をアップする

自然渋滞が起こりやすい場所など、ルートのボトルネックが見つかります

走行データをマクロに見ることで、ルートのボトルネックが見つかります。例えばヒートマップでは車両の停滞位置が色分けされるので、自然渋滞が起こりやすい場所やドライバーに嫌煙される道が分かります。よく走る道にボトルネックがないか、定期的に確認することで業務効率化が期待できます。

                                                

ローデータを活用し、高度な分析をしてみる

ローデータを活用し、高度な分析をしてみる

走行rawデータはいつでも自由にダウンロードできます

分析基盤やBIツールなどにCariotのrawデータ(CSV形式)を投入して、高度に分析することも可能です。お客様により用途はさまざまですが、独自の分析をご希望される方のためにrawデータを提供しています。

                                                
車両管理のノウハウ資料
Page top