危険運転検知

危険運転状況をドライバーごとに集計・グラフ化

Cariotには車載デバイスを通じて取得された運転情報をもとに、ドライバーの危険運転を検知する機能があります。
具体的な数値をもとにした安全運転の指導ができるので、営業車や配送車の事故防止に役立ちます。
急加速・急減速の回数、急ハンドル、速度超過の回数、最高速度などの情報を検知し、
これら危険運転の状況をドライバーごとに集計・グラフ化します。
線グラフにより時間ごとの速度も一目瞭然。部署ごと・拠点ごとに月次の推移も比較できます。

危険運転の検知方法

車載デバイスが車両のECUから情報を取得し、システムへ自動的に保存します。基準値以上の数値が検出されると画面上に表示されるほか、管理者へアラートメールがリアルタイムに自動送信されます。

危険運転の検知レベル

OBD2とシガーデバイスは3秒ごと、ドライブレコーダーは1分ごと(停車中は3秒ごと)に、急加速・急減速の回数、最高速度の数値や速度超過の回数などが検知されます。

危険運転検知機能の
メリット

Cariotでは危険運転を可視化することによって、危険運転の多いドライバーを特定します。運転情報は具体的な数値として記録されるので、事実にもとづいた説得力のある安全運転の指導が可能です。
特定ドライバーへの指導が難しい場合は車両を特定することもできます。車両ごとに最高速度などをグラフ化してドライバーに共有し、事故が削減された例もあります。

車載デバイスを取り付けることでドライバーは安全運転を意識するようになり、事故の低減につながります。事故の防止は従業員の安全管理に役立つことはもちろん、車両の修理費・保険料などのコスト削減にもつながります。

また、危険運転検知機能はBCPにも活用可能です。災害が発生して事故にまきこまれた可能性がある場合、車両の現在位置だけでなく運行状況も知ることができ、ドライバーの安全管理に役立ちます。

その他の機能一覧

到着時間を相手に知らせたい

Cariotと連携したい

車両管理のノウハウ資料
Page top