Cariotのコネクテッドなブログ

お客様の要望から、日々改善しているCariot_19年1月

こんにちは、Cariot(キャリオット)編集部です。
Cariotでは毎月1回、新機能をまとめて紹介するブログ記事を配信しています。
日々お客様の声を大切に、より便利にご利用いただけるようアップデートを続けてまいります。
 
【2019年1月のアップデート】
1.月報の一括ダウンロード機能
車両、ドライバーに関する電子月報PDFを一括ダウンロードできるようになりました

2.走行データリストの表示項目改善
ドライバーの走行データ詳細を管理画面上で簡単に閲覧できるようになりました

3.リストViewの表示設定改善
メニュー内の選択で、直近に見ていた項目がデフォルトとして表示されるようになりました

4.走行データへのドライバー設定ルールを変更
ドライバーがチェックアウト操作を忘れた場合でも、次の走行データに影響がないようドライバー設定ルールを変更できるようになりました

 

1.月報の一括ダウンロード機能
<アップデート前>
これまでは、車両の走行データやドライバーの稼働状況が記録された「車両利用報告書」「運転日報」をダウンロードする際、【日報】単位での出力のとなっていました。

<アップデート後>
今後は指定月の全データを【月報】としてまとめ、一括ダウンロードできるようになりました。
1件ずつダウンロードする手間が省け、データも一覧で確認しやすくなります。

ab5abddde1dd7e6922356b10fae5a941

※データ件数が多い場合は複数のPDFファイルに分割して出力されます。
※今までどおり「日報」での出力、指定した車両のみの「月報」出力も可能です。

 

2.走行データ関連リストの表示項目改善
ドライバーの走行データ一覧から、詳細画面へリンクできるようになりました。
管理画面上で難しい操作無く、簡単に走行データの詳細が閲覧できます。

ab5abddde1dd7e6922356b10fae5a941

 

3.リストViewの初期表示設定改善
車両情報などのリストにおいて、メニュー内の選択で、直近に見ていた項目がデフォルトとして表示されるようになりました。
使いたいもの見たいものがすぐに表示されるため、よりスムーズにご利用いただけます。

ab5abddde1dd7e6922356b10fae5a941

※初期選択されるリストをあらかじめ設定できる機能も追加しました。

 

4.走行データへのドライバー設定ルールを変更
<アップデート前>
ドライバーがチェックアウト操作(※)を忘れたまま次のドライバーが車両を利用したなどの場合、この走行データは前回のドライバーが利用したことになっていました。
※降車する際、ドライバーがFericaで専用端末にタッチが必要

ab5abddde1dd7e6922356b10fae5a941

<アップデート後>
ドライバーがチェックアウト操作を忘れた場合、次の走行データにはドライバー情報は反映されません。不明のドライバーが利用したことになります。
正しい情報を把握することにより、より適切なドライバー管理が可能になります。

ab5abddde1dd7e6922356b10fae5a941

※オプション機能となるため、有効・無効を選択いただけます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
ご質問・ご感想は下記の問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

○最新機能も使える無料トライアル実施中!

Cariotでは今回お伝えした機能も含め、最新機能を全て利用可能な2週間無料トライアルを実施しています。特に、最近では、あおり運転のニュースを受けてドライブレコーダーの人気・需要が高まっています。

安全総点検をお考えのお客様、営業車両や配送車両の運行管理に課題をお持ちの方は、ぜひ一度、無料トライアルで最新のCariotを体験してみてください。