Cariotのコネクテッドなブログ

スマホロガーは落とし穴!炎天下の高温車内に耐えられますか?

thermometer in the sky, the heat

こんにちは!Cariot(キャリオット)編集部です。
昨日は東京・青梅で観測史上初めての40℃超を観測するなど、日本列島で記録的な暑さを観測し続けていますが、車でお仕事をされる皆様の体調はいかがでしょうか?
この記録的な酷暑がきっかけでCariotの熱対策についてお客様から質問がありました。今後しばらくこの過酷な環境が続きそうなことから、ブログ読者の皆様にも共有したいと思います。

1.真夏の社内の温度はどのくらいなの?

気温が35℃を越えると炎天下に駐車していた車内は倍の70℃になると言われています。特にものを置きやすいダッシュボード部分は70℃を越えることもあります。

2.DriveCastをカーナビ風にスマホで使っているのですが大丈夫?

スマートフォンの耐久温度は40℃程度までとなっています。
以下のような高温注意のマークを見たことがある方もいるのではないでしょうか?

高温注意

スマートフォンの耐久温度は一般的に40℃前後なので、真夏の車内のような状況下では高温になり、動かなくなってしまうことがあります。火傷、故障の元となり大変危険ですのでスマートフォンを車内に放置しないでください。

3.Cariotのデバイスの耐久温度は?

-25 ~ 75 ℃で動作しますので、連日の真夏日にも耐久性があります。ただし、デバイスも精密機器ですので極端な温度変化や過酷な状況下での使用は故障やトラブルの元となります。サンシェードや熱線カットカーフィルムで日よけ対策する等、車内の温度上昇を抑えるように心がけてください。

4.車内の温度を計測・送信できるデバイスはありますか?

残念ながら今は用意がありません。この危険を伴う暑さを体験すると、今後、車内安全のために温度を把握したいというニーズが出てきそうです。ぜひ詳細なご意見をお寄せください。

車を運転する若い日本人女性

いかがでしたか?。今後も酷暑が続きそうですので工夫して是非快適なカーライフをお過ごしください。

 

○トライアル好評受付中

すべてのデバイスの購入前お試しが可能となります。是非一度、無料トライアルをお試しください!

 

気になったら、まずはお試し

無料トライアル

この手軽さを、ぜひお試しください!