Cariotのコネクテッドなブログ

お客様の要望から、日々改善しているCariot_17年12月

こんにちはCariot(キャリオット)編集部です。 本年もよろしくお願いいたします。
遅ればせながら、年末に実施した機能Updateをご紹介いたします。

Cariotでは8月から毎月1回、新機能をまとめて紹介するブログ記事を配信しています。
お客様にいつまでも心地よくご利用いただけるように、ご導入いただいたお客様の声を吸い上げ、日々機能改善を行っております。

今回は第4回目、今回のアップデートでは、SalesforceのLightning Experience対応という大型アップデートを含め、以下2点の機能改善を行いました。

 

1. ルート到着判定オプションの緩和1. ルート到着判定オプションの緩和

 

<順番通りに到着した場合に限り、 到着判定を行うオプション>

1-1

 

<お客様からの要望>

到着判定をする際に、順番通りに到着した場合に限り、 到着判定を行うオプションが欲しい。

 

<アップデート前>

巡回ルートにした場合、すべての拠点で到着判定オプションをONにすることはできませんでした。

 

<アップデート後>

巡回ルートの場合でも、すべての拠点で到着判定オプションを個別設定することができるようになります。

※この場合、車の初期状態では、どこの拠点に入った場合でも到着判定をします。 拠点間が近い場合などに、他の拠点に接触してしまっての誤検知が緩和できると思います。

 

 

2. Lightning Experience対応  

Salesforce の新しく迅速で優れたユーザエクスペリエンスである Lightning Experience に対応しました。
(お使いのSalesforce組織がLightningExperienceの有効化を実施していることが必要です。詳しくは貴社のシステム管理者にご相談ください。)

 

<Lightning Experience対応>

1-2

Lightning Experience対応の画面では、今までのSalesforce Classicの画面とナビゲーションが異なります。

 

<ナビゲーション変更点1>

1-3

 

詳細ページの「セクション・関連リスト」はタブとして表示されます。
また、編集・削除などのアクションは詳細ページ右上のアクションボタンから実施となります。
これはLightning Experienceの標準のUIに準拠しているため、Lightning Experienceに慣れていらっしゃる方は違和感を感じないと思います。初めてLightning Experienceを有効化される場合は、Classicとの違いをご確認ください。

 

<ナビゲーション変更点2>

1-4

 

アプリケーションへのアクセスは、アプリケーションランチャーからCariotを選択してください。
こちらも、Lightning Experienceに慣れていらっしゃる方は違和感を感じないと思いますが慣れが必要です。

 

<洗練されたダッシュボードUI>2018-01-18 16.06.38

 

レポート・ダッシュボードも全てLightning Experienceに対応しました。
より洗練されたUIで走行データの分析・レポーティングが可能です。
Lightningに対応されているお客様にも、Classicをお使いのお客様にも慣れ親しんだ画面での操作感を提供できるようになりました
。(※従来のClassicもサポートしており、これまで通りお使いいただけます。Lightningへの切り替えは必須ではありません。)

 

Lighning Experienceへの対応については以下の公式ドキュメントをご参考ください。

Lightning Experience が組織に適しているかどうかの判断
Lightning Experience の準備が本当にできたかどうかを判断する
Lightning Experience での組織の評価
Lightning Experience の考慮事項
FAQ – Lightning
• 動画: Tips for Migrating to Lightning (Lightningへの移行のヒント)

いかがでしたか?

 

 

 

 

〜ただいま、Cariotのサイトはリニューアル中〜

Webサイトのリニューアルで、価格ページを分かりやすくご案内予定です。価格はこちら(https://www.cariot.jp/lp/issue/all/)のランディングページに記載の通りです。最後までお読み頂きありがとうございます。

 

issue_all_

ご質問・ご感想は以下の問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

 

○最新機能も使える無料トライアル実施中!

Cariotでは今回お伝えした機能も含め、最新機能を全てご利用可能な2週間無料トライアルを実施しています。年末年始は大量の輸送需要が発生し、交通機関等に旅客や貨物が集中し、事故や違反が発生しやすい季節です。

シーズン到来前の安全総点検をお考えのお客様、営業車両や配送車両の運行管理に課題をお持ちの方は、ぜひ一度、無料トライアルで最新のCariotを体験してみてください。

 

気になったら、まずはお試し

無料トライアル

この手軽さを、ぜひお試しください!