Cariotのコネクテッドなブログ

ホワイトペーパー無料進呈中!Cariotで始める安全な車両管理

<安全な車両管理とは、再考してみませんか?>

ホワイトペーパー (1)

こんにちはCariot(キャリオット)編集部です。

関西オフィスサービスEXPOにお越し頂いた皆様ありがとうございました。

大規模イベントへの出展は年度内最後でしたので、今後は小規模セミナーなどでお会いできることを楽しみにしています。

 

さて、本日は出来たての2017年度版、無料ホワイトペーパー

取引停止!イメージ失墜!損害賠償! 社用車による事故を防ぐには

〜交通事故は10台で1件起きています〜

 

の無料進呈のご案内です。

 

〜TOPIX〜

社用車による事故のインパクトとは

保有車両の台数を10で割ってみてください。毎年その数だけ、事故が起きる可能性があります

交通事故にも当てはまるハインリッヒの法則

1 件でも起きてほしくない重大事故を予防する方法は 300 件のヒヤリ・ハットを徹底排除すること

ヒヤリ・ハットを排除し、事故を予防する車両管理とは

紙や Excel の帳票・・・増やしたくないですよね?

最新技術を使ったスマートな車両管理とは

導入 1 か月でヒヤリ・ハットを 70% 削減!最新技術による事故防止の成功事例

より安全な車両管理に向けて

 

 

<社用車事故がもたらすインパクトとは?>

a64d4b8c9f5cc4c64c588856352f2cf5_s

社用車事故は1件でも減らしたいものですが、完全に0にするのは難しいところです。幸い人的損害がない場合、修理費だけがダメージだと思っていませんか?

例えば

調査・修理の手配・保険会社との調整にかかる管理部コスト

自動車保険料の割増(割引率の低下)

企業イメージダウン・社会的ダメージによる経済的損失

警察の聴取による関係者の心理的ストレス

など、社用車事故におけるリスクととらえられる事は複数あげられます。 本ホワイトペーパーは、車両管理システム導入を検討される際に

「なぜ必要か?」をご検討頂く際の手引きとなればと思い作成いたしました。

車両管理システムのご検討・見直しの際に貴社部門間で

「安全な車両管理とは」の認識を合わせる際に是非お役立てください。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

シーズン到来前の安全総点検をお考えのお客様、営業車両や配送車両の運行管理に課題をお持ちの方は、ぜひ一度、無料トライアルで最新のCariotを体験してみてください。

 

気になったら、まずはお試し

無料トライアル

この手軽さを、ぜひお試しください!